- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第2節の注目カード:ハノーファー対ドルトムント

ブンデスリーガ第2節は8月31日、浅野拓磨と原口元気が所属するハノーファーが香川真司が所属するドルトムントを迎え、行われる。昨シーズンの戦績は、1勝1敗。第1節を終えて首位のドルトムントを相手に、ハノーファーはどのように戦うか注目される。

対戦データ&トリビア

・ハノーファーは、昨シーズン第10節のドルトムントとの対決を4ー2で制した。

・2ー4でハノーファーに敗れたドルトムントは、この敗北によって昨シーズン首位をバイエルンに譲ることとなった。今回は、首位を維持できるか。

・第1節でライプツィヒに4ー1で勝利したドルトムントは、昨シーズンから4連勝。

・クロップ監督、トゥヘル監督、ボス監督、シュテーガー監督、そしてファーブレ監督と、ドルトムントの監督は、5人連続で初戦を勝利で飾った。

・ビツェル、デラネイ、ダフートが、ドルトムントの新しい中盤トリオ。第1節のドルトムントのシュート数10本のうち、8本をこの3人が放ち、3点を直接決めた。

・8部リーグから5年でブンデスリーガへ駆け上がったハノーファーのワイダントは、ブンデスリーガに移籍後23分の出場時間で、すでに3ゴール(リーグ戦1ゴール、DFB杯で2ゴール)を決めている。

・マルコ・ロイスは第1節で、ブンデスリーガ100ゴールの記録を樹立(ドルトムントで64ゴール)。ハノーファーのメンバーのブンデスリーガでのゴール記録をすべて合計しても61ゴール。

>>>【動画】マルコ・ロイスのブンデスリーガ全100ゴール

・ドルトムントは、ハノーファーでの試合において23試合連続で得点している。

・ドルトムント対ハノーファーの対戦は、リーグ史上52回のすべての試合で、1ゴール以上の得点があり、0ー0で試合が終わったことはない。

- © gettyimages