開幕連勝を目指す長谷部のフランクフルトは本拠地で大迫所属ブレーメンと対戦する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
開幕連勝を目指す長谷部のフランクフルトは本拠地で大迫所属ブレーメンと対戦する - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第2節の注目カード(2):フランクフルト対ブレーメン

ブンデスリーガ第2節2日目が9月1日に行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは、大迫勇也のブレーメンを本拠地に迎える。この試合のデータ&トリビア、そして予想ラインナップを以下に紹介していく。

対戦データ&トリビア

・ブレーメンが開幕節に勝ち点を獲得したのは2014/15シーズン以来。

・フランクフルトが今節勝利を奪えば、6年ぶりの開幕連勝となる。

・フランクフルトにとって本拠地でのブレーメン戦は8試合連続負けなし(5勝3分)。

・ブレーメンがアウェーでフランクフルトに勝利したのは、2009年5月13日が最後。

・ブレーメンのクラウディオ・ピサロは前節途中出場。これにより同選手はリーグ歴代最年長出場記録10位にランクインした。

・フランクフルトとブレーメンはともにオウンゴールの数が多く、ブレーメンは58で史上最多。フランクフルトは56で歴代2位。

・2018年4月1日に行われた前回の対戦でも、フランクフルト所属ダビト・アブラハムのオウンゴールにより、ブレーメンが勝利を飾っている。

・前節、全18チームで最も多い走行距離を記録したのはフランクフルトで124.8km。同時に、これは同クラブ史上最多の走行距離でもある。

・フランクフルトは今季ドイツ・スーパーカップでバイエルン・ミュンヘンに0ー5で敗れたが、「本拠地で0ー5」は彼らにとって約9年ぶりの出来事だった。前回、このスコアでフランクフルトを粉砕したのは、上にも記した2009年5月13日のブレーメン。

- © imago / DeFodi