Summary

  • トーマス・ミュラーの不敗神話は続く
  • 裏天王山は明暗くっきり。敗戦の将が解任の憂き目に
  • 香川真司がブンデスリーガ通算2万点目のアウェーゴール

ドルトムントの香川真司がブンデスリーガの歴史に新たな1ページを加えるゴールを記録。首位バイエルン・ミュンヘンはトーマス・ミュラーの“不敗神話”で逆転勝利を飾り、最下位のケルンは奇跡の残留へ向けて3連勝を達成した。第19節のトピックス5つを振り返る。

1)ミュラー&レバンドフスキに新たな勲章

「トーマス・ミュラーがゴールを決めればバイエルンは負けない」。ブレーメンとの一戦でこの不敗神話が再び発動した。相手に先制を許したものの、ミュラーのドッペルパックなどで4ー2の逆転勝利。バイエルンはミュラーが得点した78試合で74勝4分けと驚異的な成績を残している。

ミュラーの2点目は記念すべきブンデスリーガ通算100ゴール目。バイエルンではゲルト・ミュラー(365得点)、カールハインツ・ルンメニゲ(162得点)、ローラント・ボールファールト(119得点)、ディーター・ヘーネス(102得点)に次ぐ史上5人目の偉業だ。また、勝ち越し点を含む2ゴールを決めたロベルト・レバンドフスキも、アリエン・ロッベンの記録を抜いて外国籍選手のクラブ最多得点記録を「94」に更新した。

© gettyimages / Hangst

2)今をときめくベイリー

レーバークーゼンのレオン・ベイリーは今季誰よりもインパクトを残している選手の一人かもしれない。新たな環境に慣れるのに半年を要したが、そこからは手の付けられない状態。ホッフェンハイムを敵地で4ー1と下した一戦ではゴールに背を向けた状態からアイデア溢れるヒールキックで今季7点目を挙げ、「とにかくサッカーは試してみないとね。あの場面もそうだったよ」と勇敢なチャレンジを自画自賛した。ハイコ・ヘルリッヒ監督も「今の彼は何をやってもうまくいく」と称賛している。

© imago / Michael Weber

3)裏天王山は明暗がくっきり

第19節最大の注目カードとなった17位ハンブルガーSVと最下位ケルンの“裏天王山”は、前節のラインダービーに勝って勢いをつけたケルンが敵地で2ー0の勝利を収めた。冬の新戦力ジモン・テロッデが前節の決勝弾に続いて、この日も2ゴールと大当たり。これでハンブルクとの勝ち点差は「3」となり、誰もが不可能だと思っていた残留に一筋の光明が差した。一方、お尻に火がついたハンブルクは試合後、2016年9月からチームの指揮を執ってきたマークス・ギスドル監督の解任に踏み切っている。

© imago / MIS

4)好調フライブルク、難敵ライプツィヒを仕留める

フライブルクの好調はライプツィヒにも止められなかった。ティモ・ウェアナーのゴールで先制を許したものの、ヤニック・ハーベラーとロビン・コッホのゴールで鮮やかな逆転勝利を収め、7試合連続の勝ち点獲得に成功した。MFのアミール・アブラシは「しっかり守っていれば、いつかチャンスはあると思っていた」と自信のコメント。今後もドルトムント(A)、レーバークーゼン(H)と強敵との対戦が続くが、今の戦いぶりを見る限り決してひるむ必要はなさそうだ。

© gettyimages / Michael Kienzler

5)アウェー通算2万点目は香川真司!

ドルトムントの香川真司がブンデスリーガの歴史に新たな1ページを刻んだ。ヘルタ・ベルリンとのアウェー戦、1点ビハインドで迎えた71分にヘディングゴールを決めて同点。これがブンデスリーガ通算2万点目のアウェーゴールとなった。クラブ別のアウェーゴール数を見ると、トップはバイエルンで1493点。なお、アウェーでの得点が失点を上回っているのはバイエルン(+329)とライプツィヒ(+3)の2クラブのみ。

© imago / Matthias Koch