ブレーメンが敵地で盤石の王者に挑む - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブレーメンが敵地で盤石の王者に挑む - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第19節の注目カード(5)バイエルン・ミュンヘン対ブレーメン

後半戦も白星スタートを飾ったバイエルン・ミュンヘンは2位以下との勝ち点差を「13」まで広げた。対するブレーメンは昇降格プレーオフに回る16位。ホッフェンハイムと引き分けた前節同様、王者相手にどこまで粘れるか。

対戦データ&トリビア

    現在バイエルンはリーグ唯一の5連勝中。第18節終了時点で2位以下に勝ち点13をつけたチームが過去に優勝を逃した例は一度もない
    ブレーメンはフロリアン・コーフェルト監督に代わってから3勝2分け3敗の勝率5割。前任のアレクサンダー・ヌーリは10試合でわずかに勝ち点5だった
    バイエルンはブレーメン相手に14連勝中。同一カードでは現在進行中の最長連勝記録
    ブレーメンはコーフェルト監督の下で1試合平均120.8kmのチーム走行距離を記録。ヌーリ監督体制時は平均113.5kmだった
    過去3シーズンのブレーメンの前半戦と後半戦の勝ち点を比較すると、前半戦の「48」に対し、後半戦は30ポイントも多い「78」を稼いでいる
    バイエルンはアリアンツ・アレーナに本拠地を移して以降最長となるホーム30試合連続無敗中
    バイエルンのハビ・マルティネスはブンデスリーガ100試合出場達成まであと1試合。これまでの99試合で84勝と過去最高の勝率を挙げている
    ブレーメンは今節敗れるとブンデスリーガ通算600敗目となる(1817試合)
    バイエルンのロベルト・レバンドフスキは今季のホームゲーム全8試合でゴールを決めている
    レバンドフスキは今季15得点で得点ランキング首位。一人でブレーメンの総得点(14得点)を上回っている
    レバンドフスキは前回対戦の2ゴールを含め、ブレーメン戦直近9試合で12ゴールを挙げている

- © imago / Nordphoto