Summary

  • ブンデスリーガ第19節、バイエルンとシャルケが対戦
  • 最近12試合の対戦成績はバイエルンの10勝2分け
  • バイエルンのラームが公式戦500試合出場達成へ

首位バイエルン・ミュンヘンが9位シャルケをホーム迎える一戦では、バイエルンの主将の大記録達成が見込まれている。さらに元チームメート同士の再会もありそうだ。

対戦トリビア

  • バイエルンは現在8連勝中。カルロ・アンチェロッティ監督体制下で初の9連勝を目指す

  • シャルケのマークス・ワインツィアル監督は、この23年間の同クラブの指揮官としては最もブンデスリーガでの平均勝ち点が低い

  • 今季のシャルケは消化試合の半分にあたる9敗を喫しており、強豪相手に一度も勝っていない

  • フィリップ・ラームがバイエルンでの公式戦通算500試合出場を達成する見込み。ラームはバイエルンで12のタイトルを獲得しており、そのうちの12はキャプテンとして手にしている

  • シャルケが2月に戦う公式戦は、リーグ戦、欧州リーグ(EL)、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)で合わせて7試合。勝負の1カ月となる

  • 今冬にシャルケに加入したホルガー・バートシュトゥーバーにとっては古巣対決

  • バイエルンのGKマヌエル・ノイアーは、同クラブでの通算100度目の「クリーンシート」達成まであと「1」に迫っている

  • バイエルンはアンチェロッティ監督の就任以来、ホームで一度も負けていない

© imago

歴史的なデータ

  • シャルケが最も多く敗れている相手はバイエルン(48敗)で、通算失点も対戦相手別のワースト(195失点)。さらに1試合あたりの失点が「2」を超えているのもバイエルン戦のみ

  • バイエルンが最も多くの退場者を出している対戦相手はシャルケ(11人)

  • シャルケは対バイエルン戦で12試合勝ち星から遠ざかっている

  • その12試合の戦績はバイエルンの10勝2分け。公式戦では2011年のDFB杯準決勝での敗戦を最後に負けていない

  • ブンデスリーガにおいてバイエルンが最も大差で敗れた相手はシャルケ。1976年10月に0-7と惨敗している

  • バイエルンのホーム最大得点差勝利:8-1(1988年4月9日)

  • シャルケのアウェー最高成績:7-0(1976年10月9日)

  • 歴代最多観客数:7万9012人(1972年6月28日)

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4-2-3-1)
ノイアー;ラーム、ハビ・マルティネス、フメルス、アラバ;シャビ・アロンソ、ビダル;ロッベン、ミュラー、ドグラス・コスタ;レバンドフスキ

シャルケ(3-5-2)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ;ガイス、アオコ、ゴレツカ、ベンタレブ、コラジナッチ;マイヤー、フンテラー