Summary

  • ブンデスリーガ第19節、ウォルフスブルク対フランクフルト
  • 最近10試合の対戦成績はウォルフスブルクの6勝3分け1敗
  • 長谷部は前節に続いてセンターバックでの先発予想

後半戦はドロースタートとなった12位ウォルフスブルクと9位アイントラハト・フランクフルトの対戦。ウォルフスブルクは今季11分けと勝ち切れない試合が続くが、相性のいいフランクフルト相手に5試合ぶりの勝利を目指す。フランクフルトの長谷部誠は今節も先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • 今季のフランクフルトはアウェーゲームでバイエルン・ミュンヘンの勝ち点22に次ぐ勝ち点18を獲得。敵地ではリーグ最少の7失点と堅守を誇っている
  • 今季のウォルフスブルクはホームゲーム9試合でわずかに2勝
  • フランクフルトはウォルフスブルクとの相性が悪く、現在3試合連続の完封負け。最近10試合で1勝しか挙げていない
  • ウォルフスブルクはフランクフルト戦で最も長く無失点を守っている
  • ウォルフスブルクのホームで行われたこのカードでは一度もスコアレスドローがない
  • ウォルフスブルクのダニエル・ディダビはフランクフルトと対戦したリーグ戦全4試合で得点を挙げている
  • ウォルフスブルクのGKクーン・カステールスはリーグ戦でのフランクフルト戦で4戦全勝。4試合で1失点しか許していない

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann

予想ラインナップ

ウォルフスブルク(4ー2ー3ー1)
カステールス;フェアハーク、ティセラン、ウドゥオカイ、ウィリアム;ギラボギ、アーノルド;ブレカロ(シュテフェン)、ディダビ、マリ;オリジ

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー2)
フラデツキー;サルセド、長谷部、ファレット;ウォルフ、ガチノビッチ、マスカレル、ボアテング、チャンドラー;ハラー、レビッチ