Summary

  • 第17節の話題をさらった5つのトピックスを紹介
  • バイエルンが通算22度目の首位ターンを達成
  • 各クラブの冬の新戦力が続々デビュー

待ちに待ったブンデスリーガの後半戦がついにスタート。バイエルン・ミュンヘンが“らしさ”全開の勝利で首位を守れば、2位ライプツィヒも昨年の勢いそのままに快勝を収めた。新戦力のパーフェクトなデビューが相次ぐなど、期待どおりの盛り上がりを見せた2017年の初戦。そんな第17節の5つのトピックスを紹介していく。

1)優勝確率は85.7%…残る14.3%でサプライズを!

バイエルンが後半アディショナルタイムに勝ち越しという劇的な幕切れでフライブルクに競り勝ち、6シーズン連続、通算22度目の首位ターンを決めた。首位で折り返した過去21シーズンでバイエルンがマイスターシャーレを手にしたのは計18回。つまり、優勝の確率は85.7%にも及ぶ。

残された可能性は14.3%“も”なのか、あるいは14.3%“しか”なのか。ライプツィヒを始めとする後続チームには、バイエルンに「待った」をかけるサプライズを期待したい。

2)歴史を塗り替えた昇格チーム

ライプツィヒの勢いは2017年になっても衰えていない。年明け初戦はアイントラハト・フランクフルト相手に3-0のワンサイドゲームで快勝。勝ち点39、得失点差+19とし、1997/98シーズンにカイザースラウテルンが記録した昇格チームの最高成績を塗り替えてみせた。ご存知のとおり、そのシーズンのカイザースラウテルンは最終的にリーグ優勝を果たしている。ということはライプツィヒも……?

© gettyimages / Boris Streubel

3)新戦力が大当たりの予感

各クラブの新戦力が華々しいデビューを飾った。その筆頭は今冬にニュルンベルクからシャルケに加入したギド・ブルクスタラー。インゴルシュタット戦の後半にピッチに登場すると、0-0で迎えた後半アディショナルタイムに決勝点をマーク。加入早々に大きな仕事をやってのけた。

ウォルフスブルクではポールジョージ・ヌテプが見事なプレーでマリオ・ゴメスの決勝ゴールをお膳立て。ブレーメンのトーマス・デラネイもドルトムントに敗れはしたものの、力強いパフォーマンスを見せて好印象を残した。

© gettyimages / Lars Baron

4)無敗のまま折り返し

欧州トップリーグの中で唯一無敗をキープしているホッフェンハイムが、アウクスブルクとの新年初戦に2-0で勝利し、開幕からの連続無敗記録を「17」に伸ばした。これまでの無敗記録は2013/14シーズンのバイエルン、2011/12シーズンのドルトムントが記録した28試合が最長。ホッフェンハイムはどこまで記録を伸ばせるか!?

© gettyimages / Adam Pretty

5)早すぎたゲームオーバー

事件はライプツィヒ対フランクフルトの試合開始早々に起こった。フランクフルトのGKルーカス・フラデツキーがペナルティーエリア外で手を使ってしまい、キックオフからわずか131秒で一発退場。GKのブンデスリーガ最速退場記録を更新してしまった。なお、フィールドプレーヤーを含めた史上最速は2010年8月にケルンのDFユセフ・モハマドが記録した93秒。

© imago / Jan Huebner