ライプツィヒはバイエルンをピタリと追走。オバメヤンは節目のゴールを決めた
ライプツィヒはバイエルンをピタリと追走。オバメヤンは節目のゴールを決めた
ブンデスリーガ

第15節の注目トピックス5選

年内最終戦での天王山を前に、首位バイエルン・ミュンヘンと2位ライプツィヒがともに勝利。それぞれに課された宿題をしっかりこなして大一番を迎える。2強を追う上位争いでは、勝ち点を分け合ったホッフェンハイムとドルトムントがそれぞれ3位と5位に浮上。第15節の話題をさらった5つのトピックスを紹介していく。

1)2016年の締めくくりは寒さも吹き飛ぶ大一番に

バイエルンとライプツィヒのファンでなくとも、12月21日20時(日本時間22日4時)キックオフの首位攻防戦にはクギ付けになるはずだ。17日の試合でライプツィヒがヘルタ・ベルリンに2-0で快勝して暫定首位に返り咲けば、バイエルンも翌18日の試合で分厚い守備を敷くダルムシュタットから1点をもぎ取って一夜にして首位を奪還。首位争いは得失点差でバイエルンが半歩リードしている。ライプツィヒのラルフ・ラングニックSDはクラブが初めて経験する大一番を「ボーナスゲーム」と位置づけているが、サポーターに一足早いクリスマスプレゼントを届けるのは果たしてどちらか。

2)勝ち点1をもたらした節目のゴール

上位を争うホッフェンハイムとドルトムントの直接対決は2ー2の引き分けで終わったが、ドルトムントに勝ち点1をもたらしたピエールエメリック・オバメヤンの同点弾は本人にとって特別な一発となった。2013年夏にドルトムントに加入してから3年半、オバメヤンは同クラブで通算100ゴールを達成。チームもマーコ・ロイスの退場で数的不利に陥りながら、二度のビハインドを跳ね返して勝ち点1をもぎ取った。トーマス・トゥヘル監督は「最大の賛辞を送りたい」とチームを称えている。

- © imago / Eibner
- © gettyimages / Ronny Hartmann