Summary

  • ブンデスリーガ第15節、マインツとハンブルガーSVが対戦
  • ハンブルガーSVは4戦無敗中、一方のマインツは3連敗中
  • ハンブルガーSVのホルトビー、ミュラーにとっては古巣対戦

ハンブルガーSVが遅ればせながら今年初のリーグ戦2連勝を飾り、昇降格プレーオフ圏の16位まで浮上。目下4戦無敗中で一気にドロ沼から抜け出した。対照的に現在3連敗中のマインツはホームで立て直しを図る。

対戦トリビア

・ハンブルクは1ー0で勝利した前節のアウクスブルク戦、総走行距離で相手を4キロ上回り、競り合いの勝率でも56%を記録した

・マインツは昨季の対ハンブルク戦で1勝1分けと負けていない。ホームでスコアレスドロー、アウェーでは3ー1で勝利した

・ハンブルクのフィリップ・コスティッチは直近4試合で2ゴール1アシストと好調を維持している

・ハンブルクのアーロン・ハントはマインツとのリーグ戦13試合で7ゴール4アシストと抜群の相性を誇る

歴史的なデータ

・マインツにとってハンブルクは記念すべきブンデスリーガ初勝利を飾った時(2004年8月5日)の相手。アントニオ・ダ・シウバの2ゴールで2-1と競り勝った

© imago

・マインツはハンブルクとシュトゥットガルトから最多の逆転勝利を挙げている(4勝)

・ハンブルクがマインツで0-1敗れたのは一度だけ

・マインツのレビン・オストゥナリはハンブルクの象徴でもあるウベ・ゼーラーの孫で、自身も2013年までハンブルクのユースでプレーしていた

・ハンブルクのルイス・ホルトビーは2010/11シーズンに5位と大躍進を遂げた“ブルヒヴェーク・ボーイズ”の一員(マインツの本拠地は2011年夏までブルヒヴェーク・シュタディオンだった)。このシーズン、ホルトビーは30試合で4ゴール11アシストとキャリアハイの成績を残した

・ハンブルクのニコライ・ミュラーも同じく元マインツの選手で、古巣では81試合で21ゴール14アシストをマークしている

・マインツのホーム最大得点差勝利:3-2(2014年5月10日)

・ハンブルガーSVのアウェー最高成績:3-1(2005年9月10日)

・歴代最多観客数:3万4000人(過去に5度記録、直近は2016年4月30日)

予想ラインナップ

マインツ(4-2-3-1)
レッスル;ドナティ、ベル、ハック、ブスマン;ラッツァ、ラマーリョ;ハイロ、マリ、デブラシス;コルドバ

ハンブルガーSV(4-2-3-1)
マテニア;ディークマイヤー、ユング、スパヒッチ、サントス;酒井、オスチョレク;ミュラー、グレゴリッチ、コスティッチ;ウッド