Summary

  • ブンデスリーガ第14節、フランクフルトとホッフェンハイムが対戦
  • フランクフルトはリーグ戦7戦無敗、ホッフェンハイムは開幕から無敗をキープ
  • コメルツバンク・アレーナでの対戦成績はフランクフルトの2勝1分け4敗

勝ち点25で並ぶ5位アイントラハト・フランクフルトと4位ホッフェンハイムの直接対決。この一戦に勝ったほうは暫定ながら3位に浮上する。フランクフルトは現在6年ぶりの7戦無敗と好調を維持。開幕からいまだ無敗を続けるホッフェンハイムにホームで土をつけることができるか。

対戦トリビア

・ここまでフランクフルトの「7戦無敗」を上回る成績を残しているのはホッフェンハイムと首位ライプツィヒのみ

・フランクフルトが第13節までに勝ち点25以上を積み上げるのはクラブ史上二度目のこと。一度目の23年前は同時点で勝ち点30を稼いでいた

・欧州トップリーグの中で開幕から無敗をキープしているのはホッフェンハイム以外ではライプツィヒとレアル・マドリード(スペイン)のみ

・フランクフルトはニコ・コバチ監督の就任以降ホームで1敗しかしていないが、その1敗はホッフェンハイムに喫している(0-2)

・昨季は残留争いに巻き込まれていた両チーム。フランクフルトは10度、ホッフェンハイムは21度にわたって降格圏に沈んでいた

© gettyimages / Grimm / Bongarts

歴史的なデータ

・ホッフェンハイムはフランクフルトとのアウェーゲーム全7試合でゴールを記録。対戦相手別最多の1試合平均1.9得点を挙げている

・フランクフルトはホッフェンハイムとのホームゲームで2勝1分け4敗と大きく負け越している

・フランクフルトはホッフェンハイムに先制を許した試合で勝ったことがない(2分け6敗)

・ホッフェンハイムは対フランクフルト戦で通算7勝をマーク。対戦相手別の勝利数で対ハノーファー戦の10勝に次ぐ好成績を残している

・フランクフルトのティモシー・チャンドラーが決めた直近の2得点はいずれもホッフェンハイム戦で決めたもの。ニュルンベルク時代の2014年1月とフランクフルト加入後の昨年5月にゴールを挙げ、いずれも試合に勝っている

・ホッフェンハイムにとってフランクフルトは敵地での勝利数が最も多い相手(通算4勝)

・フランクフルトのホーム最大得点差勝利:3-1(2015年5月9日)

・ホッフェンハイムのアウェー最高成績:4-0(2010年11月20日)

・歴代最多観客数:5万1500人(2009年3月14日)

予想ラインナップ

フランクフルト(3ー4ー2ー1)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、バジェホ;チャンドラー、フスティ、マスカレル、オチプカ;ファビアン、ガチノビッチ;マイヤー

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ズューレ、フォークト、ヒューブナー;カデラベク、ルップ、ルディ、アミリ、トーリヤン;クラマリッチ、ワーグナー