- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第14節の注目カード(3):バイエルン対ニュルンベルク

ブンデスリーガ第14節2日目が12月8日に行われ、久保裕也が所属するニュルンベルクは敵地でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【対戦データ&トリビア】

・バイエルンがこの時期に首位と9以上のポイント差をつけられた場合、そのシーズンの同クラブは優勝できないというジンクスがある。

・ニュルンベルクは直近7試合未勝利。18チームで最も勝利から遠ざかっているクラブである。

・しかしニュルンベルクは、今季1度も16位以下に落ちたことがない。

・今季アウェー戦の順位表でニュルンベルクは最下位。同クラブが獲得した11ポイントのうち9ポイントを本拠地で稼いでいる。

・ニュルンベルクのバイエルン戦勝利は、1992年3月が最後。

・ニュルンベルクは今季13試合のうち10試合で先制点を奪われている。同クラブが先制点を決めた他の3試合は、すべてホームゲーム。

・バイエルンは全クラブで最多のシュート数を記録しており、逆にニュルンベルクのシュート数は最少。

・バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキは、今季7ゴールのうち6ゴールをアウェーで記録している。

- © gettyimages / Simon Hofmann