Summary

  • ブンデスリーガ第13節の話題をさらった5つのトピックスを紹介
  • ドルトムントのロイスが復活の3アシスト
  • ハンブルガーSVが待望のリーグ戦初勝利

ドルトムントのマーコ・ロイスが、先発復帰初戦でズバ抜けたパフォーマンスを披露。バイエルン・ミュンヘンもモヤモヤ感を振り払う快勝を収めた。そのバイエルンの前に立ちはだかるライプツィヒは今節も勝って首位をキープ。第13節の5つのトピックスを紹介していく。

1)元気なロイスには手がつけられない!

ケガから復帰し、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とのボルシア・ダービーで先発復帰を果たしたマーコ・ロイスが3アシストを記録する圧巻のパフォーマンスで改めて別格ぶりを見せつけた。

ロイスにとって1試合3アシストは初めてのこと。特に、チーム4点目の場面ではゴールを決めたピエールエメリック・オバメヤンとの素晴らしいコラボを見せた。「まだ100%じゃない。あと何試合かこなさないと。次のレアル(マドリード)戦、そしてケルン戦、ホッフェンハイム戦も、今日のようなレベルでやることが大事」

まだまだ力を出し切っていない状況で、80分までにシュート3本、シュートアシスト4本と、15本の総シュートのうち7本に絡んだ。やっぱりロイスはすごかった!

2)バイエルンが“らしさ”を取り戻す快勝

ドルトムントとの“デア・クラシカー”で黒星を喫して以来、どこか停滞感の漂っていたバイエルン。しかし、12月2日のマインツ戦では3-1の快勝を収めて完全復活をアピールし、1日天下ながら首位に返り咲くことにも成功した。

立ち上がりの4分に1点を失ったものの、ロベルト・レバンドフスキがすぐさま同点弾を決めて試合を振り出しに戻すと、その後は完全にバイエルンペース。アリエン・ロッベンのゴールで勝ち越しに成功すると、レバンドフスキがトドメの3点目。決めるべき選手が決めての白星に、カルロ・アンチェロッティ監督も「美しい連係からゴールが決まった」とご満悦だった。

この日のドッペルパックで第9節から続いていたノーゴールに終止符を打ったレバンドフスキは、「僕らが試合をコントロールしたことで、マインツはほとんどシュートを撃てなかった。戦術的にもうまく試合を運ぶことができたし、先制点以外はチャンスを与えなかった」と手応え十分に試合を振り返っていた。

© imago / Jan Huebner

3)確率は82% じわじわ近づくライプツィヒの優勝

ライプツィヒがシャルケに2-1で競り勝ってリーグ戦8連勝。一夜にしてバイエルンから首位の座を奪い返した。これで勝ち点を33まで伸ばしたが、同時点で勝ち点33以上を獲得していたチームは過去11あり、そのうちの9チームがマイスターシャーレを手にしている。

もっとも、優勝確率82%という状況にもライプツィヒの面々に浮足立つ様子はない。試合後はサポーターと喜びを分かち合ったが、粛々と仕事をこなしていく姿勢は変わらない。ウィリー・オーバンも「今の時点でどれだけ長く首位にいても、それは何の意味も持たない。これから先も同じようにやっていかないと」と冷静に話している。

4)ホッフェンハイムが目の前のライバルを撃破

6位ホッフェンハイムが勝ち点22で並んでいた5位ケルンとの直接対決を制して4位に浮上。4ー0の大勝で今季6勝目を挙げ、クラブの連続無敗記録を13まで伸ばした。ユリアン・ナゲルスマン監督の就任以来、最大得点差での勝利となったが、指揮官は「点差ほど内容に差はなかった。先にゴールを奪った後はツキにも助けられ、3点目、4点目が決まった」と冷静に分析。一方で「選手たちがプレーすることを楽しんでいる」と選手たちの生き生きとしたプレーに目を細めた。

© gettyimages / Adam Pretty/Bongarts

5)北ドイツの2チームがそろって勝利

ハンブルガーSVダルムシュタットを下して待望の今季初勝利。第8節以降、定位置となっていた最下位を脱出した。ハンブルクは30分にミヒャエル・グレゴリッチのゴールで先制すると、終了間際の90分にマティアス・オスチョレクが決めて2-0。マーク・ギスドル監督は3試合連続で同じ先発メンバーを起用しているが、その3試合は一度も負けていない。

同じく北ドイツの名門ブレーメンも、残留を争うインゴルシュタットとの直接対決を2-1で制して14位に浮上。マックス・クルーゼの移籍後初ゴールで幸先よく先制すると、同点に追いつかれた後の75分にフィン・バーテレスが決勝点を奪った。アレクサンダー・ヌーリ監督は「あのゴールはチームの熱意、ハートが生み出したもの」と選手のファイティングスピリットを称えていた。