Summary

  • 91回目の“ルールダービー”は誰も予想しなかった結末に
  • 連勝街道を走ってきたユップ・ハインケス監督についに土がつく
  • レーバークーゼンが自慢の攻撃力で上位争いに参戦

注目の“ルールダービー”は両チーム合わせて8ゴール、10枚のイエローカードが乱れ飛ぶ大荒れの展開となった。首位バイエルン・ミュンヘンの連勝が止まり、上位争いは再び混戦の様相。歓喜と失望が交錯した第13節のトピックスを5つ紹介する。

1)シャルケ、史上最高に痛快な“ルールダービー”

シャルケドルトムントの本拠地に乗り込んでの“ルールダービー”は、25分間でホームチームが4点のリードを奪う展開…。この時点ではさすがのシャルカーも敗戦を覚悟していたはずだ。ところがハーフタイムにドメニコ・テデスコ監督から「せめて後半の45分だけでも勝て!」とゲキを飛ばされ、シャルケの選手たちが覚醒。61分にギド・ブルクスタラーが1点を返して反撃ののろしを上げると、65分にアミーヌ・アリ、86分にはダニエル・カリジュリが決めて1点差に迫る。さらに後半アディショナルタイム4分にナルドがヘディングシュートを叩き込んでついに同点。ブンデスリーガ通算91回目のルールダービーは誰も予想しなかった劇的な幕切れとなった。

殊勲のゴールを決めたナルドは試合後、「35年生きているけど、こんなことは初めて。とにかくとんでもないことだよ。死ぬまで忘れないね」と大興奮。シャルケの選手たちがこれほどエキサイトするのも当然ことだ。4点ビハインドからの勝ち点獲得は、ブンデスリーガの長い歴史の中でも1976年のバイエルン以来、史上2チーム目。シャルケが宿敵のホームで40年に一度あるかないかの偉業をやってのけた。

© imago

2)ハインケス監督に5年ぶりの土をつけたのは…

ユップ・ハインケス監督率いるバイエルンがメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とのアウェーゲームに1ー2で敗れ、2013年3月のアーセナル戦以来となる公式戦黒星を喫した。前回在任時も含めて公式戦で25戦負けなしだった指揮官を止めたのは、奇しくもかつてハインケス監督が2度率いた古巣。ブンデスリーガでは2012年10月以来となる敗戦を喫したハインケス監督は、「前半で勝負は決まっていた」と5年ぶりの黒星を受け入れた。

© gettyimages / Maja Hitij/Bongarts

3)ライプツィヒの猛追で首位争いは混沌

ブレーメンにホームで2ー0の快勝を収めたライプツィヒが、シャルケをかわして2位に浮上した。最近はバイエルンの連勝ばかりがクローズアップされていたが、ライプツィヒは第6節以降、6勝1分け1敗と着実に勝ち点を獲得。バイエルンが不覚をとったことでその勝ち点差「3」に縮まった。3位のシャルケと4位のボルシアMGも首位と勝ち点「5」差に迫り、首位争いは再び混戦模様。ウィンターブレーク突入まで残り4試合、ヘルプストマイスター(秋の王者)の座を懸けて各チームがラストスパートに入る。

© imago

4)ゴールならレーバークーゼンにお任せ

昨季はまさかの12位に沈んだレーバークーゼンがようやく本領を発揮し始めた。今季も序盤戦はつまずいたものの、ハイコ・ヘアリッヒ新監督の下で徐々に復調。今節はアイントラハト・フランクフルトを1ー0で退け、ついに6位まで浮上した。

チームの好調を支えるのはケビン・フォラント、ユリアン・ブラント、ルーカス・アラリオ、カイ・ハフェルツら強力なアタッカーを擁する攻撃陣。ここまでリーグ3位の26得点を挙げている彼らを相手に無失点で切り抜けるのは至難の業だ。レーバークーゼンが最後に無得点に終わったのは今年4月のバイエルン戦。以降はリーグ戦で18試合連続ゴールを挙げている。

© gettyimages / Matthias Hangst/Bongarts

5)通算1000オウンゴール目はアポグマ

シャルケのウィリー・シュルツが初のオウンゴールを献上してから54年、ブンデスリーガの通算オウンゴール数がついに「1000」の大台を突破した。記念すべき(?)1000点目のオウンゴールを献上したホッフェンハイムのケビン・アポグマ。ハンブルガーSVとのアウェー戦で相手のクロスボールをクリアし損ねると、ボールは無情にも自陣ゴールへと転がった。

© gettyimages / Stuart Franklin