Summary

  • ブンデスリーガ第13節最終日、ニュルンベルク対レーバークーゼン
  • 同カードはレーバークーゼンの5連勝中
  • ニュルンベルクの失点数はリーグ最多

ブンデスリーガ第13節最終日が12月3日に行われ、久保裕也が所属するニュルンベルクは本拠地でレーバークーゼンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【対戦データ&トリビア】

・直近6試合に限れば、ニュルンベルクは18クラブで最も成績が悪い。

・ニュルンベルクの失点数はリーグ最多の29。レーバークーゼンは5番目に多い24失点。

・ニュルンベルクが今季獲得した10ポイントのうち、8ポイントはホームで記録されている。

・レーバークーゼンは今季、まだ一度も順位表の上位半分に位置したことがない。

・しかしレーバークーゼンの1試合平均走行距離は約120km。これはブンデスリーガで上位の記録。

・レーバークーゼンのカウンターゴール数は6。今季ブンデスリーガでトップクラス。

・同カード直近5試合はすべてレーバークーゼンが勝利している。

・レーバークーゼンの得点王ケヴィン・フォラントは現在5ゴールを決めているが、これらは計3試合で記録。残りの9試合で、同選手はゴールを決めていない。

© gettyimages / Alex Grimm/Bongarts

【予想ラインナップ】

ニュルンベルク(4ー3ー3)
ブレドロウ;ヴァレンティーニ、マルグライッター、ミュール、ライボルト;ベーレンス、ペトラク、フクス;ミシジャン、イシャク、ケルク

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
フラデツキー;L・ベンダー、ター、S・ベンダー、イェドバイ;バウムガルトリンガー、アランギス;ベララビ、ハフェルツ、ブラント;フォラント