フランクフルト長谷部は2試合連続のベンチスタートが予想されている - © © gettyimages
フランクフルト長谷部は2試合連続のベンチスタートが予想されている - © © gettyimages
ブンデスリーガ

第13節の注目カード(4)フランクフルト対レーバークーゼン

ともに上位進出を伺う7位アイントラハト・フランクフルトと9位レーバークーゼンが激突。リーグ3位の得点力を誇るレーバークーゼンは堅守を誇るフランクフルトをどう攻略するのか。

対戦データ&トリビア

    現在フランクフルトは6試合連続、レーバークーゼンは7試合連続で勝ち点を獲得している
    このカードでは過去64回の対戦でスコアレスドローが一度もない(ブンデスリーガ最長記録)
    このカードで生まれたゴールは通算「198」。今回の対決で「200」ゴール突破の可能性も
    フランクフルトホームの両チームの対戦では2007年10月以降、両チームが交互に勝利を収めている。この法則によれば今回勝利するのはレーバークーゼンということに…
    今季のフランクフルトはホーム2連敗スタートの後、3試合で勝ち点7を獲得している
    今季のレーバークーゼンはアウェー3連敗スタートの後、3試合はいずれも勝ち点を手にしている
    レーバークーゼンは現在リーグ戦で17試合連続ゴール中(現在進行形の記録では最長)
    レーバークーゼンのケビン・フォラントはすでに昨季の成績を上回る7ゴールを挙げている
    フランクフルトのニコ・コバチ監督は現役時代、レーバークーゼンでブンデスリーガデビューを飾り、77試合に出場している

- © imago / mika