宇佐美の所属するデュッセルドルフはマインツと本拠地で対戦する - © gettyimages / Maja Hitij
宇佐美の所属するデュッセルドルフはマインツと本拠地で対戦する - © gettyimages / Maja Hitij
ブンデスリーガ

第13節の注目カード(1):デュッセルドルフ対マインツ

ブンデスリーガ第13節初日が11月30日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフはホームでマインツと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【対戦データ&トリビア】

・リーグ戦6連敗を喫していたデュッセルドルフだが、直近2試合の成績は1勝1分。

・デュッセルドルフはその2試合で計7ゴール。それ以前の10試合で記録した総得点(6)よりも多かった。

・デュッセルドルフのドディ・ルケバキオは今季公式戦で9ゴールを決めているが、そのうち8ゴールをアウェーで記録。

・今季ブンデスリーガ所属クラブの中で、唯一マインツに負けたことがないのがデュッセルドルフ。

・デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督はブンデスリーガクラブの指揮官として過去にマインツと5回対戦し、すべて引き分けに終わっている。

・第12節終了時に11得点――これはマインツが2部へ降格した2006/07シーズン以降では最低の得点力である。

・デュッセルドルフ(28)はマインツ(14)の倍の失点数。

・デュッセルドルフは今季ホームで毎試合失点を喫しており、マインツも今季アウェー戦を0失点で終えたことはない。

・マインツは14失点のうち11失点を、デュッセルドルフは28失点のうち21失点を、それぞれ後半に喫している。

・両チームともセットプレーからの得点は2。今季18クラブで最低の数字となっている。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA