Summary

  • ライプツィヒのカンプル、第12節に古巣レーバークーゼンと対戦
  • 2度のリードを奪いつつも、その都度同点に追いつかれ2ー2ドロー
  • 「とても受け身なサッカーをしてしまった」

ブンデスリーガ第12節2日目が11月18日に行われ、ライプツィヒは敵地でレーバークーゼンと対戦し、2ー2の引き分けに終わった。ライプツィヒのケビン・カンプルが古巣との対戦を終え、インタビューに応じている。

――今日の試合は引き分けとなりました。勝ち点1という結果に対し、満足されていますか?

カンプル いえ、満足はしていません。今日の内容であれば、もっとポイントを獲得できていたと思います。レーバークーゼンという強いチーム相手に2度もリードを奪いましたが、後半は落ち着きを失い、レーバークーゼンのほうが良いプレーをしていました。我々は慌ただしい試合運び、とても受け身なサッカーをしてしまいましたね。

――特にどこが良くなかったのでしょうか?

カンプル 円熟したサッカーをし、3点目を奪いにいくべきでした。そうすればこの試合に勝てたと思います。ただし、ポイントを取れなかったわけではないですし、敵地でのレーバークーゼン戦で引き分けたということは、そこまで悪いことではないでしょう。彼らはホーム戦に強いチームで、まだ今季1度も本拠地での試合を落としていません。順位表での彼らも、本来彼らがいるべき場所ではありませんからね。

© imago

――ライプツィヒは昨季の準優勝クラブで、今現在も2位にいます(※第12節最終日終了時点ではシャルケが2位に浮上)。

カンプル 今日の試合で勝利を飾っていれば、他とのポイント差を広げられたのですから、残念です。しかし我々はまだ2位にいます。冬季中断までに重要なゲームが残っていますし、可能な限り多くの勝ち点を拾っていきたいですね。いずれにしても、我々は1つのチームとして良い方向に進んでいます。

――ライプツィヒは欧州チャンピオンズリーグ(CL)にも参戦していますが、うまく負荷を調節できています。あなた自身は、チームが今季これだけ良い状態を保てると予想していましたか?

カンプル 試合数の多さから、我々が苦しいシーズンを過ごすことになると、開幕前に予想していた人々もいました。しかし我々は過密日程の影響をまったく受けておらず、チームとして全力を出して戦っています。我々は勝敗に関係なく、成長や発展を目指して全員が一丸となっています。それこそが、我々の強さなのです。

© imago / Uwe Kraft

――チーム内のご自身の立場について、満足はされていますか?

カンプル プレシーズンはライプツィヒに所属していなかったにもかかわらず、出場時間も多くもらえていますし、非常に満足しています。チームメートのみんなも私のことを温かく受け入れてくれましたし、まるでずっと昔からここにいるかのような居心地の良さですね。

――さて、火曜にはCLモナコ(フランス)戦です。

カンプル 気持ちをブンデスリーガからCLに切り替えなければなりません。そしてモナコ戦に全力を尽くし、勝利を掴み取らなければなりません。