Summary

  • ブンデスリーガ第12節2日目、バイエルン対デュッセルドルフ
  • デュッセルドルフが第7節以来の最下位脱出
  • 宇佐美にとっては古巣との対戦

ブンデスリーガ第12節2日目が11月24日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは敵地でバイエルン・ミュンヘンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【対戦データ&トリビア】

・現在バイエルンは勝ち点20。2011/12シーズン以降の第11節終了時では、今季が最低のポイント数。

・現行の「勝利=勝ち点3」制度になって以降、バイエルンが首位と勝ち点7差をつけられたシーズンに、バイエルンが優勝したことはない。

・第8節から最下位だったデュッセルドルフだが、前節ヘルタ・ベルリンに勝利。これにより約1カ月ぶりに最下位を脱出した。

・デュッセルドルフはブンデスリーガでのアウェー戦19試合未勝利。

・今季のバイエルンは本拠地でのリーグ戦5試合のうち、2試合しか勝利していない。

・デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督は選手として、また指揮官として、ブンデスリーガで過去46回バイエルンと対戦。直近5試合はすべて敗れている。

・バイエルンのサンドロ・ヴァーグナーとロベルト・レヴァンドフスキはキャリアの中で、今季ブンデスリーガ18クラブのうち17クラブから得点を奪っている。唯一欠けているのはデュッセルドルフ戦。

・ブンデスリーガでの同カード直近8試合の戦績はバイエルンの7勝1分。デュッセルドルフのバイエルン戦勝利は1991年4月が最後。

・デュッセルドルフの宇佐美は古巣との対戦になる。

【予想ラインナップ】

バイエルン・ミュンヘン(4ー3ー3)
ノイアー;キミッヒ、ボアテング、ズューレ、アラバ;ミュラー、マルティネス、ゴレツカ;ニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリー

フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー4ー2)
レンジング;ツィマーマン、ボルムート、カミンスキ、ギーセルマン;ツィマー、シュテーガー、ボジェク、宇佐美;ルケバキオ、ヘニングス