浅野所属のシュトゥットガルトと香川所属のドルトムントが対戦 - © gettyimages
浅野所属のシュトゥットガルトと香川所属のドルトムントが対戦 - © gettyimages
ブンデスリーガ

第12節の注目カード(1)シュトゥットガルト対ドルトムント

首位攻防戦に敗れて3位に転落したドルトムントが、12位のシュトゥットガルトと敵地で対戦する。直近4試合で1分け3敗と失速中のドルトムントは優勝争いに踏みとどまることができるか?

対戦データ&トリビア

    シュトゥットガルトはここまでの勝ち点「13」をすべてホームで稼いでいる
    シュトゥットガルトはブンデスリーガでのホーム通算500勝まであと1勝
    シュトゥットガルトはホームでの失点、与えた決定機がいずれもリーグ最少の「1」
    シュトゥットガルトは今季一度も連敗を喫していない
    ドルトムントは直近4試合の成績がリーグワーストの1分け3敗。この4試合で12失点を喫している
    ドルトムントはシュトゥットガルトとのリーグ戦で3連勝中。12試合連続で勝ち点を獲得している。さらにアウェー戦では4連勝中で、すべての試合で2ゴール以上を奪っている
    シュトゥットガルトは2017年に入り、ホームで一度も負けていない
    ドルトムントのクリスティアン・プリシッチはブンデスリーガ50試合出場まであと1試合。今節出場すれば、ティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)、ユリアン・ドラクスラー(元シャルケ)に次いで史上3番目の若さでの到達となる
    ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンは「規律上の理由」により遠征メンバーから外れた
    顔面骨折で戦列を離れていたシュトゥットガルトの主将クリスティアン・ゲントナーが復帰する見込み

- © gettyimages / Adam Pretty