長谷部のフランクフルトはようやくエンジンのかかってきたシャルケと本拠地で対戦する - © gettyimages / Alexander Hassenstein
長谷部のフランクフルトはようやくエンジンのかかってきたシャルケと本拠地で対戦する - © gettyimages / Alexander Hassenstein
ブンデスリーガ

第11節の注目カード(6):フランクフルト対シャルケ

ブンデスリーガ第11節最終日が11月11日に行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは本拠地でシャルケと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・リーグ戦直近5試合に限れば、フランクフルトは勝ち点13、得点17、失点4。これは全チームで最高の成績である。

・しかしシャルケも直近の5試合で、今季の全勝ち点を稼ぐなど上り調子。

・フランクフルトは第10節終了時で23得点。これは1993/94シーズン以来の好成績。

・フランクフルトは昨季ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝でシャルケを下し、決勝に進出した。

・フランクフルト開催の同カード直近7試合は、シャルケが0勝3敗4分。

・シャルケは欧州チャンピオンズリーグ(CL)に、フランクフルトは欧州リーグ(EL)に今季出場している。

・FW陣の調子は対照的。フランクフルトのFW登録選手が今季17ゴールを決めている一方、シャルケのFW登録選手は4ゴールしか記録していない。

・長谷部が3バックの中央を務めた今季リーグ戦6試合(第4節、第6~10節)で、フランクフルトは負けていない(4勝2分)。

・前節ハノーファー戦で移籍後初ゴールを挙げたシャルケのマーク・ウトは、これまでのキャリアでフランクフルト戦負けなし(2勝3分)。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA