Summary

  • ブンデスリーガ第11節初日、ハノーファー対ヴォルフスブルク
  • ハノーファーは過去8回のヴォルフスブルク戦で白星なし
  • 予想ラインナップで原口は先発、浅野はベンチ外

ブンデスリーガ第11節初日は11月9日に行われ、原口元気浅野拓磨が所属するハノーファーが本拠地でヴォルフスブルクと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・ヴォルフスブルクは、過去8回のハノーファー戦(ブンデスリーガ6試合、DFB杯2試合)で5勝3分と負けなし。

・ハノーファーは今季、対戦相手に先制された試合6試合で敗北。ヴォルフスブルクは逆に、3試合で先制されるも引き分け以上で試合を終え、勝ち点を得ている。

・ヴォルフスブルクは今季、ホームでの6試合で勝ち点5、アウェーで行われた4試合で勝ち点7を獲得しており、アウェーで勝負強さを見せている。

・ハノーファーで今季2ゴールを決めた選手はウッド、ベブー、フュルクルーク、ムスリヤ、ヴァイダントの5人。

・ヴォルフスブルクの現時点でのトップスコアラーはヴェグホースト(4ゴール)。

・ハノーファーは、1試合平均で2点以上失点している(10試合で失点は合計21点)。

・ハノーファーのブライテンライター監督は11月8日、浅野(10月6日シュトゥットガルト戦で負傷)の出場を見送るとコメントしている。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

予想ラインナップ

ハノーファー(4ー2ー2ー2)
エッサー;ゾルク、エレス、アントン、アルボルノス;バカロルツ、ワラシ;ベブー、原口;ヴァイダント、ウッド

ヴォルフスブルク(4ー1ー2ー3)
カステールス;ウィリアム、ティッサーラント、ブルックス、ルシヨン;アーノルド;ゲルハルト、レシュベカイ;ギンツェック、ヴェグホースト、ブレカロ