Summary

  • ブンデスリーガ第10節最終日、ボルシアMG対デュッセルドルフ
  • デュッセルドルフは現在5連敗中
  • ボルシアMGはリーグ戦ホーム7連勝中

ブンデスリーガ第10節最終日が11月4日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは敵地でボルシアMGと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・ボルシアMGは本拠地でのデュッセルドルフ戦直近8試合を7勝1分。

・デュッセルドルフは現在18クラブで唯一の5連敗。第3節ホッフェンハイム戦以降、勝利がない。

・ボルシアMGは現在、ブンデスリーガではホーム7連勝中。

・デュッセルドルフはブンデスリーガでのアウェー戦18試合連続で白星から見放されている。

・ボルシアMGのトルガン・アザールはリーグ直近6試合で5得点を決めている。

・2節連続でデュッセルドルフが順位表の最下部に位置したのは、約22年半ぶりの出来事。

・ボルシアMGはリーグ最多の7得点をセットプレーから決めている。

・ボルシアMGの中盤を支えるフローリアン・ノイハウスは、昨季デュッセルドルフへ期限付き移籍をしていた。

・デュッセルドルフのマティアス・ツィマーマンは、かつてボルシアMGの一員。同クラブでブンデスリーガデビューを果たした。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

予想ラインナップ

ボルシアMG(4ー3ー3)
ゾマー;ラング、ギンター、エルヴェディ、ヴェント;ホフマン、シュトローブル、ノイハウス;ヘアマン、シュティンドル、アザール

フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー4ー2)
レンジング;ツィマー、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;ルケバキオ、ツィマーマン、モラレス、宇佐美;ドゥクシュ、ヘニングス