Summary

  • ブンデスリーガ第10節2日目、アウクスブルク対ニュルンベルク
  • ニュルンベルクはアウェー戦順位表で現在最下位
  • 両チームとも今季途中に正GKを変更

ブンデスリーガ第10節2日目が11月3日に行われ、久保裕也が所属するニュルンベルクは敵地でアウクスブルクと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・「第9節終了時に勝ち点12、得失点差+2」はアウクスブルク史上最高の成績。

・アウェー戦の順位表でニュルンベルクは最下位。ここまで0勝1分3敗、1得点15失点。

・ブンデスリーガの舞台でニュルンベルクが記録した最後のアウェー勝利は、2014年2月16日のアウクウスブルク戦だった。

・アウクスブルクが決めた直近10得点のうち6得点はセットプレーから生まれている。

・前節アイントラハト・フランクフルト戦で、ニュルンベルクのジモン・ラインとアダム・ズレリャークがブンデスリーガデビューを果たした。前者はニュルンベルクで最長の走行距離(11.8km)を記録し、後者はファーストタッチが初ゴールにつながった。

・アウクスブルクのアルフレズ・フィンボガソンは今季、61分間に1度の割合でゴールを決めている。

・アウクスブルクはファビアン・ギーファーに、ニュルンベルクはファビアン・ブレドロウにそれぞれ今季序盤GKを任せたが、両チームともここ数試合は守護神を変更。前者はアンドレアス・ルーテ、後者はクリスティアン・マテニアが現在ゴールマウスを守っている。

・ブンデスリーガを舞台にした同カードは過去6試合行われているが、ホーム側のチームが勝利したのはそのうちたった1度。

・その6試合で生まれたゴールはわずか6得点。スコアレスドローは2回あった。

予想ラインナップ

アウクスブルク(3ー3ー3ー1)
ルーテ;ハウウェレウ、ケディラ、ヒンターエッガー;フラムベルガー、バイヤー、マックス;ハーン、グレゴリッチ、カイユビ;フィンボガソン

ニュルンベルク(4ー2ー3ー1)
マテニア;バウアー、マルグライッター、エヴェルトン、ライボルト;ペトラク、ライン;久保、ベーレンス、ミシジャン;クネル