ブンデスリーガに参戦する(左から)ザガドゥ、トリッソ、クーサンス、オギュスタン
ブンデスリーガに参戦する(左から)ザガドゥ、トリッソ、クーサンス、オギュスタン
ブンデスリーガ

第二次フランス革命

1年前の2016年夏、当時19歳だったウスマン・デンベレがドルトムントに加入して大ブレイクを果たすと、その後を追うように同じフランス人のポールジョージ・ヌテプがウォルフスブルクに、ダヨ・ウパメカノがライプツィヒに加入した。 そしてこの夏、リヨンのコランタン・トリッソがバイエルン・ミュンヘンに、パリ・サンジェルマンのダンアクセル・ザガドゥとジャンケビン・オギュスタンがそれぞれドルトムントとライプツィヒに、ナンシーのミカエル・クーサンスがメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)加入した。フランス人の若手選手が増え続ける背景には、クラブと選手側の思惑の一致がある。

バイエルンはフレンチカルテットを形成

積極的に若手を起用するクラブも多いブンデスリーガは、フランスでも非常に高い評価を受けるようになった。実際、若い才能が次々と開花しており、フランス人の若手選手にとってはトップレベルのリーグで自身の力を試す絶好の場となっている。

バイエルンに加入したトリッソは入団会見で、「ポジション争いは非常に厳しいと思うが、僕はいくつものポジションでプレーできるので、試合に出られるよう全力を尽くしていきたい」と語った。バイエルンにはすでにフランク・リベリとキングスレイ・コマンが在籍し、今夏にはOBのウィリー・サニョル氏がアシスタントコーチに就任。心強い3人の同胞の存在については次のように語っている。

「サニョルとは電話で話をして、クラブと街について聞いたよ。それからカルロ・アンチェロッテイ監督のことも話してくれて、監督のいいところをたくさん教えてもらった。監督がフランス語を話せるのは、もちろん自分にとって助かる。コマンとリベリのことも知っているし、リベリがこれだけ長くバイエルンに在籍しているというのは、クラブの良さを物語っていると思う」

- © FC Bayern München
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann
- © imago / DeFodi