Summary

  • 積極補強を見せるシュトゥットガルト
  • 即戦力のディダビとカストロを獲得
  • シーズンパスはほぼ完売。サポーターも期待大

シュトゥットガルトウォルフスブルクからダニエル・ディダビ、ドルトムントからゴンザロ・カストロを獲得して戦力の底上げに成功した。昨季後半戦で驚異の巻き返しを見せ、最終的に欧州リーグ(EL)予選の出場権を手にしたチームは着々と強化を進めている。

シュトゥットガルトの下部組織出身で2年ぶりの古巣復帰となったディダビは、高度なテクニックとパワフルなシュートが持ち味。これまでは膝のケガに悩まされてきたが、ミヒャエル・レシュケSDは「それに関してはチームドクターと何度も話し合った。ダニエルを引き続きサポートできると確信している」と語り、深刻なものではないことを強調した。

ディダビとともに中盤でクリエイティブなプレーが期待されるカストロは、経験値の高さが大きな魅力。入団会見では「何年もやってきているので、若手にとっていいお手本になれるようにしたい。リーダーとしての自覚はある」と語った。

昇格2シーズン目を迎えるチームは、ディダビとカストロの獲得に先立ち、パブロ・マフェオ(マンチェスター・シティ/イングランド)、ボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)、マークオリバー・ケンプフ(フライブルク)、ロベルト・マッシモ(ビーレフェルトU19)といった将来有望な若手を獲得。特にスペイン生まれの20歳、マフェオは多くのクラブが獲得に乗り出していた逸材だ。

© gettyimages / JOSE JORDAN/AFP

シュトゥットガルトのここまでの補強は満点に近い。昨季途中に就任し、短期間でチームを立て直したタイフン・コルクト監督への信頼も厚く、その証拠にメルセデス・ベンツ・アレーナのシーズンパスはほぼ完売。ホームゲームは満員御礼が続くことになりそうだ。

チーム再建の手腕に定評があるレシュケSDは、新シーズンに向けてチームに足りなかったピースをうまく埋めている。マリオ・ゴメスのバックアッパーだったダニエル・ギンツェックがウォルフスブルクに去ったが、ディダビを獲得したことを考えれば大きな痛手とはならないだろう。さらに、レシュケSDは「新たに1人獲得に動いている」と明かし、ギンツェックの後釜に目星がついていることもうかがわせた。

昨季後半戦は手堅い守備とサイド攻撃、そしては見事なチームワークを発揮した。シーズン最終戦でバイエルン・ミュンヘン相手に敵地で4ー1の大勝を飾ったのも決して偶然ではない。ここまでの的確な補強を見る限り、新シーズンのシュトゥットガルトは要注意チームの一つとなりそうだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber / Getty Images