Summary

  • 昨季限りで現役引退のラーム氏に次なる称号
  • ドイツ代表名誉キャプテンに選出
  • クリンスマン氏に続き史上6人目

昨シーズン限りで現役を退いたフィリップ・ラーム氏が12月8日、ドイツ代表名誉キャプテンに選出された。

現在34歳のラーム氏はバイエルン・ミュンヘンシュトゥットガルトでブンデスリーガ385試合に出場。またドイツ代表キャップ数も歴代5位の113試合を記録している。同代表で師弟関係にあったヨアヒム・レーフ監督は表彰の際、「選手として、また人間としても素晴らしいきみと一緒に仕事をさせてもらえたのは、私にとって本当に大きな利益だった」とラームに声をかけ、愛弟子の晴れ舞台に顔をほころばせていた。