第10節を終えて3チームが無敗をキープしているのはブンデスリーガ史上初の出来事 - © © imago / DeFodi
第10節を終えて3チームが無敗をキープしているのはブンデスリーガ史上初の出来事 - © © imago / DeFodi
ブンデスリーガ

まだまだ続く無敗トリオの快進撃

首位バイエルン・ミュンヘン、2位ライプツィヒ、3位ホッフェンハイムの上位3チームが開幕から無敗をキープしている。第10節終了時点で3チームが無敗を維持するのは長いブンデスリーガの歴史でも初めてのこと。無敗トリオの強さはどこにあるのか? データから探っていく。

今をときめくチーム…ライプツィヒ

新記録まであと「1」:現在5連勝中のライプツィヒ。5連勝はブンデスリーガ全体でも今季初めてで、昇格組が開幕から10試合負けなしで戦い抜いたのは1993年のデュイスブルク以来、史上2クラブ目の快挙。デュイスブルクは第11節で初黒星を喫したが、ライプツィヒは次節のレーバークーゼン戦で新記録を樹立できるか。

史上初の首位なるか:バイエルンと勝ち点24で並ぶライプツィヒ。次節はバイエルンより1日早い11月19日に試合があるため、引き分け以上でクラブ史上初の首位に踊り出ることになる。

正念場はこれから:ライプツィヒはアウェーゲームでリーグトップの勝ち点11を獲得しているが、欧州カップ戦に参戦しているチームとはまだ敵地で対戦していない。次節のレーバークーゼン戦はライプツィヒにとって最初の試金石となりそうだ。

- © gettyimages / Simon Hofmann