残り3試合で降格決定チームはゼロ。7チームに降格の可能性がある - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
残り3試合で降格決定チームはゼロ。7チームに降格の可能性がある - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

残り3試合、混沌とする残留争い

史上まれにみる大混戦となっているブンデスリーガの残留争い。残り3試合となっても降格が決まったチームは一つもなく、依然として7チームが生き残りを懸けた戦いに身を置いている。12位レーバークーゼンから16位ハンブルガーSVまでの勝ち点差はわずか「3」。降格に片足を突っ込んでいる最下位ダルムシュタットも、ここに来てクラブ史上初の3連勝と最後の意地を見せている。最終節までもつれること必至の残留争いの現状をチェックする。

【12位:レーバークーゼン】

勝ち点:36(得点:44 失点:50)
今後の対戦カード
第32節:インゴルシュタット(A)
第33節:ケルン(H)
第34節:ヘルタ・ベルリン(A)

3試合連続で負けがなかったのは第4節から第6節が最後と、シーズンを通じて不安定な戦いが続く。直近4試合で勝ち点「1」しか拾えず、ついに残留争いに巻き込まれることになった。第32節は残留を争うインゴルシュタットとの直接対決。今季アウェーではリーグ7位とまずまずの結果を残しているだけに、何としても勝ち星を持ち帰りたい。

- © gettyimages / Lukas Schulze
- © gettyimages / Maja Hitij
- © gettyimages / Stuart Franklin
- © gettyimages / Nordphoto