Summary

・ブレーメンのFWクラウディオ・ピサロ、独占インタビュー

・190ゴールは外国人選手最多、ブンデスリーガ歴代でも5位

・負傷により今季は前節初出場、現在のコンディションは?

ペルー出身のクラウディオ・ピサロはバイエルン・ミュンヘンブレーメンにおいてブンデスリーガ412試合に出場し、通算190得点を挙げている。このゴール数は歴代外国出身選手ナンバーワンであり、昨季は名門ブレーメンのクラブ最多得点記録も塗り替えた(現在103得点)。負傷のため長期離脱を強いられていた同選手だが、前節シャルケ戦で今季初出場。復活ののろしを上げる日も遠くはない38歳のベテランストライカーに当サイトドイツ語版が独占インタビューを行った。今回はその前半をお届け。現在のコンディションや今季のチーム、目標などについて語ってくれた。

——ドイツにはもう冬が訪れています。ブレーメンでも11月中旬には雪が降ったり、気温はマイナスまで下がります。38歳になられた現在でもこのような天候や風が吹く中での練習をまだ楽しめているのでしょうか? 現役引退後の生活を謳歌することもできるのでは?

ピサロ いやぁ、まだまだやる気はありますよ。この時期、天候が悪くてもね(笑) ドイツではこの時期、いつもこんな感じですからね。サッカーができることは、いつでもうれしいです。

——長期間離脱をしていたので、寒い中でも練習できることに満足されていることでしょう。前節シャルケ戦では70分からプレーし、今季初出場となりました。ファンはピサロ選手が100%のコンディションに戻ることを待ちわびていますが、それはいつ頃になるでしょうか?

ピサロ シャルケ戦での途中出場は、自分が想像していた以上に良い感触でした。もちろん、まだコンディションは不完全ですが、差し当たりは好調です。けががなかなか治らなくて長期間休んでいたので、まずは体を通常運転に戻さないといけません。でも、今のところ全てがうまくいっているし、それがとてもうれしいです。

——それでは今回のインターナショナルウィーク期間はピサロ選手にとって、好都合でしたね。

ピサロ はい。このリーグ中断期間はコンディションを戻すために利用できました。チームに合流しての練習は毎回、自分が前進するための助けとなります。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Oliver Hardt

——ブレーメンは負傷者が徐々に回復しています。ピサロ選手に加え、マックス・クルーゼ選手もまたトレーニングを再開しましたし、フィリップ・バーグフレーデ選手もピッチに戻っており、フルメンバーが揃いつつあります。現在までにブレーメンが獲得した勝ち点はわずか7で、順位は16位に沈んでいますが、今後はどうなっていくでしょうか?

ピサロ シーズンが始まる前は、このメンバーで何か大きなことを成し遂げられると期待していました。多くの良い選手がチームを去りましたが、優秀な選手も何人か加入しましたから。でも、サッカーの世界では残念ながらよく起こることですが、主力の選手たちが負傷してしまい、自分たちのポテンシャルを全く出せなくなってしまった。全選手が戻ってくれば、僕は自分たちが残留争いに巻き込まれることはないと思っています。

——けがから復帰後、チーム練習に合流されました。新監督のアレクサンダー・ヌーリ氏ともきちんと知り合う時間があったかと思います。ピサロ選手はこれまで、オットマー・ヒッツフェルト氏やユップ・ハインケス氏、ジョゼ・モウリーニョ氏など数々の名監督の下でプレーしてきましたが、若い指揮官であるヌーリ監督はいかがでしょうか?

ピサロ 新監督の下で練習するようになってまだ1週間ですが、彼のことをすでによく知ることができました。僕は彼のスタイルが好きです。彼はスペインで練習生としていた時期があり、そこでのサッカーにインスパイアされたようです。彼はほとんどの練習においてボールを使うのですが、それが気に入っています。僕はボールがあればいつも楽しいですから(笑) 僕がまだ個人練習をしていたときも、他の選手たちは監督について良いことしか言ってきませんでした。監督はとてもポジティブな人です。彼と一緒に働くことにワクワクしているし、楽しみでもあります。

「僕はブンデスリーガの子」

——ブレーメンはピサロ選手にとって大きな存在です。過去に2度クラブを離れましたが、また戻ってきました。このクラブは何がそれほど特別なのでしょうか?

ピサロ ブレーメンは僕が1999年に初めてヨーロッパでプレーしたチームなので、特別なのです。当時、とても温かく迎え入れてくれたので、すぐに慣れることができました。だから、ブレーメンはこれからもずっと僕にとって特別で、引退してからもきっとそうです。

——プレミアリーグでもプレーされたことがありますが、ブンデスリーガに戻ってきました。

ピサロ ブンデスリーガのことはよく知っていたので、僕にとって復帰はメリットがありました。全てにおいて順応しやすかった。僕はブンデスリーガの子です。だから、復帰は簡単だったんです。

——今季ブレーメンに加入したセルジュ・ニャブリ選手はドイツ代表に初招集されました。同選手は今夏のリオデジャネイロオリンピックで銀メダル獲得に貢献しています。彼の将来について、どう見ていますか?

ピサロ 初日のトレーニングを少し見ただけで、彼がどれほどのクオリティーを持っているか誰もが気づくでしょう。彼はスピードがあり、自分たちの試合でそれはとても重要でもあります。良い成長をしていますし、すでに何ゴールか挙げました。彼がこのチームでうまくいっていることをうれしく思っています。また、A 代表に選出されたのはここ数カ月の彼のパフィーマンスが評価されたからでしょうね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Oliver Hardt

——けががようやく回復しましたが、今季の短期的な目標を教えてください。ゴールの目標数は決めていますか?

ピサロ いいえ。今はまだ考えることができません。できるだけ早く万全な状態に戻り、チームにとって重要な存在となり、役立ちたいと思っています。一番は、ゴールという形でですね。

——ブンデスリーガ歴代得点ランキングでピサロ選手は現在190ゴールで5位につけています。元ブレーメンのマンフレート・ブルクスミュラー氏の213得点を抜き、4位にランクアップできると思いますか?

ピサロ ふぅ、あと23ゴールですか? それは難しそうですね・・・・・・。

——ブルクスミュラー氏の記録を抜くとしたら、あともう1シーズンは必要かもしれませんね?

ピサロ いや、もしかしたら今シーズン中に抜けるかもしれませんよ。

後編に続く