ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)はその得点力の高さはもちろん、凄まじいスピードで対峙する相手DFを恐怖に陥れる。ブンデスリーガには彼以外にもティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)やカリム・ベララビ(レーバークーゼン)など、野生動物を置き去りにしてしまうほどのスピードスターがずらりと並ぶ。彼らはヒグマに追いかけられても死んだフリなどせず、余裕で逃げ切れる脚力の持ち主だ。

今季最速はベブー、歴代最速はジョンソン

スピード自慢の韋駄天プレーヤーの中で、今季リーグ最速を記録しているのがハノーファーのFWイフラス・ベブーだ。ベブーは第7節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦で時速35.25kmし、歴代のランキングでもトップ10入りを果たしている。

ブンデスリーガでは2011/12シーズンから選手たちの走行スピードを計測しているが、歴代最速記録を保持するのが時速35.50kmを計測したボルシアMGのファビアン・ジョンソンだ。その他、ブンデスリーガの現役プレーヤーの中ではオバメヤンが時速35.44kmで歴代2位。カリム・ベララビも時速35.30kmで5位にランクインしている。また、6位タイには時速35.28kmでソクラティス(ドルトムント)がランクイン。ソクラティスはマインツバイエルン・ミュンヘンでプレーしたヤン・キルヒホフと並んで計測史上最も足が速いDFだ。

ボールを持ったウェアナーはボルトをも超える!?

スピードが代名詞のウェアナーは歴代トップ10にこそ名を連ねていないが、ボールを持った状態で時速35kmという超人的なスピードを記録している。この夏の世界選手権を最後に現役引退したウサイン・ボルトがドルトムントの練習に参加することを公表しているが、人類最速の男がボールを持った状態でもウェアナーより速いのかどうかは興味深いところだ。

ライプツィヒの前線にはウェアナー以外にも快足アタッカーが目白押し。ここまで時速34.49kmをマークしているジャンケビン・オギュスタンとウェアナーの2トップは間違いなくリーグ最速だろう。また、サイドを担うブルマもここまで時速34.54kmを記録。昨季のブンデスリーガ初参戦以来、ライプツィヒが上位争いの常連となったのも、スピードという武器があってこそだろう。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

ブンデスリーガ最速十傑

1位:ファビアン・ジョンソン(ボルシアMG) 時速35.50km
2位:ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント) 時速35.44km
3位:アルチョムス・ルドネフス(元ケルン) 時速35.39km
3位:ヤン・ローゼンタール(元ホッフェンハイム) 時速35.39km
5位:カリム・ベララビ(レーバークーゼン) 時速35.30km
6位:ソクラティス(ドルトムント) 時速35.28km
6位:ヤン・キルヒホフ(元バイエルン・ミュンヘン) 時速35.28km
6位:マメビラム・ディウフ(元ハノーファー) 時速35.28km
9位:マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン) 時速35.26km
10位:イフラス・ベブー(ハノーファー) 時速35.25km