武藤は67分に途中出場。後半ロスタイムにゴールを決めたが追撃及ばず、マインツは4連敗を喫している - © © imago / Jan Huebner
武藤は67分に途中出場。後半ロスタイムにゴールを決めたが追撃及ばず、マインツは4連敗を喫している - © © imago / Jan Huebner
ブンデスリーガ

武藤ロスタイム弾も黒星、マインツ4連敗

4月5日、ブンデスリーガ第27節最終日が行われ、武藤嘉紀が所属するマインツは本拠地でライプツィヒと対戦し、2ー3で敗れた。ベンチスタートの武藤は67分に交代出場し、ロスタイムに1ゴールを決めている。

マインツ 2ー3 ライプツィヒ

15位のマインツは本拠地で、2位のライプツィヒ相手に立ち上がりから真っ向勝負を挑む。

1分、ロングボールに反応したコルドバが相手ゴールに迫ったのを皮切りに、マインツは果敢に攻撃を仕掛け、7分にはグバミンの鋭いFKが枠を捉えたが、惜しくもライプツィヒ守護神グラシにセーブされる。

続く21分、ゴール正面で粘ったコルドバからのボールを受けたボージャンが、クアイソンとのワンツーでシュートに持ち込むも、GKグラシにコースを消され、得点機を逃した。

- © imago / Thomas Frey
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA