Summary

  • 2016/17シーズンのブンデスリーガも残り1試合
  • EL出場権争いは最終節に決着
  • ヘルタ、フライブルク、ケルン、ブレーメンに可能性あり

5月13日に行われたブンデスリーガ第33節では、大迫勇也が所属するケルン、そしてフライブルクが引き分けに終わり、原口元気のヘルタ・ベルリンが勝利。それにより、欧州リーグ(EL)出場圏の5~6位に再び変動があった。2016/17シーズンのブンデスリーガもあと1試合のみ――来季EL本戦出場の可能性を残す4クラブの現状をチェックする。

【5位:ヘルタ・ベルリン

勝ち点:49(得点:41、失点:41)

最終節の相手:レーバークーゼン(H)

ダルムシュタット戦で2ー0の勝利をもぎ取り、アウェーでの連敗を9でストップ。ライバルたちが軒並み好成績を得られなかったこともあり、5位に浮上した。最終節は得意とする本拠地での試合であり、相手は第33節に残留を決め一息ついているレーバークーゼン。他会場の結果に影響されることなく、自力でのEL出場を決めたいところだ。

© gettyimages / Alexander Scheuber

【6位:フライブルク

勝ち点:48(得点:41、失点:56)

最終節の相手:バイエルン(A)

17位インゴルシュタットと痛恨のドローに終わり、6位に後退。自力での欧州カップ戦出場の可能性は残しているものの、次節はアウェーで王者バイエルン・ミュンヘンとの対戦を控えており、前節1ポイントしか獲得できなかったことが、EL出場に大きく影響するかもしれない。

© gettyimages / Thomas Niedermueller

【7位:ケルン

勝ち点:46(得点:49、失点:42)

最終節の相手:マインツ(H)

2点のリードを守り切れず、レーバークーゼンと引き分けに終わったしまったのは大きな痛手。しかしホームで行われる次節は勝ち点3が計算できるマインツが相手で、さらに2ポイント差で順位が1つ上のフライブルクも強敵バイエルンとの対戦を残している。逆転での6位確保は実現可能な目標だ。

© imago

【8位:ブレーメン

勝ち点:45(得点:58、失点:60)

最終節の相手:ドルトムント(A)

11試合連続無敗という快進撃で降格危機からここまで上り詰めたブレーメンも、直近2試合は連敗を喫しており、調子はやや下降気味。本拠地での無敗記録を更新中のドルトムントが最終節の相手ということもあり、ケルンとフライブルクを上回ることはかなり困難なミッションだ。

© gettyimages / Oliver Hardt/Bongarts

※「残留争い4クラブの現状チェック」はこちら

今季のベストイレブンの投票はこちらから