ビデオ判定の練習に参加する現役審判員のフリッツ主審(左座)やシュテーゲマン主審(最奥) - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ビデオ判定の練習に参加する現役審判員のフリッツ主審(左座)やシュテーゲマン主審(最奥) - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

来季導入予定のビデオ判定、運用開始に向けテスト実施中

週2回以上のテスト参加

先週末、2016/17シーズンのブンデスリーガが再開され、久しぶりにドイツ各地のスタジアムへ熱気が戻ってきた。

しかし、その熱い戦いの裏で、もう1つのプロジェクトも着々と準備が進められている。ビデオ判定の運用開始に向け、今現在、続々と練習が行われているのだ。

現段階では、約半年後に開幕を迎える2017/18シーズンから、リーグ戦、入れ替え戦、ドイツ・スーパーカップでビデオ判定が用いられる予定となっており、すでに今季からケルンにあるケルン・ブロードキャスティング・センター(CBC)で実験をスタート。ドイツ・サッカーリーグ(DFL)とドイツサッカー連盟(DFB)が本プロジェクトに掲げた「速さよりも正確さ」というスローガンの下、何度も練習を繰り返しながら、容易なものから複雑なものまで、様々なシーンを映像でチェックし、経験を積んでいる。もちろん、このケルンでのテストには、今季ブンデスリーガで主審を務めている23人も参加しなければならず、彼らは各節の間に2回以上CBCを訪問するほどだ。

- © imago / Zink