Summary

  • 2部の昇格争い、残留争いの現状を整理
  • 昇格の可能性があるのは上位4チーム
  • すでに降格の1枠は決定。8チームが残留争いの渦中に

ブンデスリーガと同様に熱戦が繰り広げられてきたブンデスリーガ2部も残すところあと2試合。昇格争いは昨季の“降格組”シュトゥットガルトとハノーファーがけん引し、ブンデスリーガ返り咲きへあと一歩のところまできた。一方、最下位が決定して降格の1枠が埋まった残留争いは、依然として8チームが激しいサバイバルレースの渦中にいる。

昇格と降格が懸かったブンデスリーガ2部第33節は、5月14日(日)15時30分(日本時間22時30分)に一斉開催。決戦の時を迎えた2部リーグの昇降格をシミュレーションする。

【昇格争い】

1位:シュトゥットガルト(勝ち点66 得失点差+24)
2位:ブラウンシュバイク(勝ち点63 得失点差+19)
3位:ハノーファー(勝ち点63 得失点差+18)
4位:ウニオン・ベルリン(勝ち点57 得失点差+12)
※1位と2位が自動昇格、3位は1部16位とのプレーオフへ

今節はブンデスリーガ返り咲きを懸けたハノーファーとシュトゥットガルトの直接対決が行われる。浅野拓磨が所属する首位シュトゥットガルトは勝てば昇格が決定。引き分けた場合でも、2位ブラウンシュバイクが引き分け以下に終わればブンデスリーガ復帰が確定する。

2位ブラウンシュバイクと3位ハノーファーは、今節で勝ち点を獲得すればとりあえず3位以上が確定。仮に勝ち点ゼロに終わった場合でも、4位のウニオン・ベルリンが引き分け以下であれば、同じく3位以内が確定する。

現在2位のブラウンシュバイクは2013/14シーズン以来のブンデスリーガ復帰まであと一歩 © imago / Annegret Hilse

【残留争い】

10位:ハイデンハイム(勝ち点40、得失点差+2)
11位:ザントハウゼン(勝ち点38、得失点差+4)
12位:カイザースラウテルン(勝ち点38、得失点差-4)
13位:デュッセルドルフ(勝ち点36、得失点差-4)
14位:1860ミュンヘン(勝ち点36、得失点差-8)
15位:アウエ(勝ち点36、得失点差-15)
16位:ヴュルツブルガー・キッカーズ(勝ち点34、得失点差-5)
17位:ビーレフェルト(勝ち点33、得失点差-10)
18位:カールスルーエ(勝ち点25、得失点差-27)[降格決定]
※17位と18位が自動降格、16位は3部3位とのプレーオフへ

前節終了時点で9位ボーフムまでの残留が確定。また、山田大記が所属するカールスルーエの最下位も決まり、11位から17位までの8チームがサバイバルレースに身を置いている。

第33節で降格決定の可能性があるのは17位のビーレフェルトのみ。ビーレフェルトがブラウンシュバイクに敗れ、かつ16位のビュルツブルクが勝利、13位デュッセルドルフから15位アウエまでが勝ち点1以上を獲得すれば降格が決まる。

他チームの結果に関係なく残留を決めることができるのは、10位のハイデンハイムから12位のカイザースラウテルンまでの3チーム。ハイデンハイムは引き分け以上で、ザントハウゼンとカイザースラウテルンは勝てば残留が確定する。ザントハウゼンとカイザースラウテルンは、敗れた場合でも残留が決まる可能性が2通りある。一つは16位のビュルツブルクが敗れ、かつ17位のビーレフェルトが引き分け以下のパターン。もう一つは、最終節に直接対決を残す13位デュッセルドルフと15位アウエがそろって勝ち点1以下に終わったケースだ。

勝ち点「36」で並ぶデュッセルドルフ、アウエ、1860ミュンヘンの3チームは、他チームの援護射撃があれば今節の残留が確定する。その条件は自ら白星を挙げた上で、16位ビュルツブルクと17位ビーレフェルトが引き分け以下に終わることだ。また、一気に残留確定とはいかなくても、勝ち点「1」を獲得し、17位ビーレフェルトが敗れれば3チームともに16位以上が確定。最悪16位で終わっっても、3部3位との昇降格プレーオフで2度目のチャンスがもらえる。

ブンデスリーガ優勝経験もあるカイザースラウテルンは2部の残留争いに巻き込まれている © imago