今夏にヘルタ加入が実現したユルゲン・クリンスマンの息子ヨナタン - © imago / Bernd König
今夏にヘルタ加入が実現したユルゲン・クリンスマンの息子ヨナタン - © imago / Bernd König
ブンデスリーガ

期待のクリンスマン“ジュニア”

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがGKヨナタン・クリンスマン(20)と契約を交わした。元ドイツ代表FWで、ドイツやアメリカの代表監督を歴任したユルゲン・クリンスマン氏の息子である同選手は、父親の名声に頼らずとも自らの力で有名になれると信じている。

練習参加からプロ契約を勝ち取る

ヨナタンはカルフォルニア大学バークレー校で学ぶ大学生だったが、アメリカ代表として出場した今年5月のUー20ワールドカップが転機となる。試合観戦のため韓国に訪れていた父ユルゲンに、ヘルタの幹部がコンタクトを取り、ヨナタンの練習参加が決定。その後のプロ契約へのきっかけとなった。

「ヘルタはビッグクラブで欧州リーグにも出場する。つまり、プレーしたい、到達したいと思っていたレベルのクラブだ。ルン(ヤルステイン)やトーマス(クラフト)から学びつつ、ブンデスリーガのレベルに慣れるためにセカンドチームでプレーするのは素晴らしい機会だ。このチャンスに飛びつかない理由はない」

ヨナタンはブンデスリーガのサッカーについて次のように語っている。「米国とは全くレベルが違う。ドイツに慣れようと思って少し早くベルリンに入り、リヤ・ホーフシュテット(ヘルタユースのGKコーチ)と一緒に練習した。トップチームと一緒にプレーするためのアドバイスをもらえて助けになった。トップチームのスピードは僕が慣れているスピードよりずっと早いけど、これまでのところはすごくうまくいっていると思う」

- © imago / Matthias Koch
- © imago
- © imago