ザンクト・パウリの宮市(右)が今季初アシストでチームの勝利に貢献。しかし、チームは最下位のままで3部への降格危機に瀕している - © © imago / Zink
ザンクト・パウリの宮市(右)が今季初アシストでチームの勝利に貢献。しかし、チームは最下位のままで3部への降格危機に瀕している - © © imago / Zink
ブンデスリーガ2部

最下位ザンクト・パウリ、宮市が今季初アシスト

ブンデスリーガ第16節2部3日目が12月11日に行われ、宮市亮が所属するザンクト・パウリは敵地でフュルトに2ー0で勝利し、今季2勝目を挙げた。

宮市は67分、チームが1ー0とリードしている状況で投入され、90分に勝利を決定づける2得点目をアシストした。自陣のペナルティーエリア付近で奪われた相手FKを宮市が頭で跳ね返すと、シャヒンが一気にゴール前へ駆け上がり、相手DFを振り切りながら華麗なループシュートを決めた。

ザンクト・パウリはこれで今季2勝4分10敗。最下位と苦しい状況は変わらないが、12試合ぶりに白星を手にした。

宮市はここまで11試合に出場しており、今季初アシストとなった。

- © imago / Zink