Summary

  • 今季未勝利でブンデスリーガ最下位に沈むケルン
  • インターナショナルウィーク後の逆襲をもくろむ
  • 街の代名詞“カーニバル”で心身をリフレッシュ

ケルンが未勝利のまま最下位に沈んでいる。11月5日の第11節ではホッフェンハイム相手にホームで0ー3の完敗。残留圏(15位)との勝ち点差は「8」に広がった。キャプテンのマティアス・レーマンは試合後、「とにかく僕らがダメ。言いつくろう余地すらない。ガツンとやられた」と反省しきりだったが、その後にこう続けた。「それでもウチには決定的なチャンスがあった……」

開幕から続くゴール欠乏症

今季のケルンは極度の決定力不足に陥り、ここまでリーグ戦でわずか3得点。ホッフェンハイム戦でも決定的な場面を生かせずに敗れた。10月25日のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)2回戦ではヘルタ・ベルリンにアウェーで3ー1の勝利。続く11月2日の欧州リーグ(EL)ではBATEボリソフ相手に大量5得点を挙げて勝ったが、ブンデスリーガではゴール欠乏症が続いている。

インターナショナルウィーク明けの11月18日にはマインツとのアウェー戦を控えるが、ケルンはこの試合からの逆襲をもくろんでいる。前半戦の残りゲームはマインツ戦のほか、ヘルタ、フライブルクウォルフスブルクと下位チームとの直接対決が続く。ここで確実に勝ち点を稼ぐことができれば、残留への道筋が見えてくる。

「まだまだ試合は続くのだから大丈夫だと思う」。ドミニク・ハインツは降格の2文字はまだ頭をよぎっていないと強調する。一方で、立て直しに向けた課題については次のように話す。「1日も早く、以前のようなコンパクトな陣形に戻すことが大事だ。他の大会ではそれが部分的にうまくできている。ブンデスリーガの試合でだけ、なぜかそれができていない」

© gettyimages / Koepsel / Bongarts

ブレイク期間に心身を癒し、いざ逆襲へ

DFB杯とELによる過密日程をこなさなければならなかったケルンにとって、ここで少しのブレイクが入ったことはプラス材料だ。気持ちを切り替え、前半戦の残り試合を乗り切る力を貯めるには絶好のタイミングと言える。「戦うことを諦めてはいけない。代表戦後の4試合で勝ち点を取らなければ」。GKのティモ・ホーンは中断後の戦いが正念場だと話す。

ケルンでは毎年11月11日の11時11分から恒例の「カーニバル」がスタートする。今季はチーム全体でカーニバルを楽しむ状況にはないが、重苦しい空気から解放される良い機会になるはずだ。リーグ再開後に不振から脱出できるかどうかは、中断期間のピッチ内外での過ごし方が大きなカギを握りそうだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA