将来を嘱望される(左から)ゼニス・ブルニッチ、フェリックス・ゲッツェ、ハジ・ライト - © © Getty Images / imago
将来を嘱望される(左から)ゼニス・ブルニッチ、フェリックス・ゲッツェ、ハジ・ライト - © © Getty Images / imago
ブンデスリーガ

明日のスターは誰だ? 次世代の主役候補をチェック!

ブンデスリーガの各クラブはユースチームからプロ昇格選手を続々と輩出している。昨季もクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)を筆頭に、ティロ・ケーラー(シャルケ)、ベンヤミン・ヘンリクス、カイ・ハフェルツ(ともにレーバークーゼン)ら若いタレントが存在感を発揮し、シーズン終盤にはジョーダン・トルナリガ(ヘルタ・ベルリン)やルーカス・クリュンター(ケルン)もレギュラー争いに参戦した。そんな彼らに続くのは誰か? 飛躍が期待される10代のスター候補生5人を紹介する。

ゼニス・ブルニッチ(19歳/シュトゥットガルト)

ドルトムントのユースで育ったブルニッチはUー17に続いてUー19でもドイツ王者となり、4年連続でドイツの頂点に立つという偉業を達成した。昨季はUー19のキャプテンとしてタイトル獲得に貢献。複数のポジションをこなすオールラウンドなMFとして、昨季第20節にブンデスリーガデビューも飾っている。シュトゥットガルトに1年の期限付きで加入した今季は出場機会も大幅に増えそうだ。

- © gettyimages
- © imago
- © imago / DeFodi
- © imago / Christian Schroedter
- © imago