日本は原口の今予選3試合連続ゴールで幸先良く先制したが……
日本は原口の今予選3試合連続ゴールで幸先良く先制したが……

日本代表、敵地でオーストラリアと引き分ける

10月11日、ワールドカップ・アジア最終予選のグループB第4戦が行われ、日本代表が敵地でオーストラリアと引き分けた。

オーストラリア 1-1 日本

5日前のイラク戦で劇的な勝利を収めた日本は、勝てばグループ首位に浮上する可能性もある大事な一戦。スターティングメンバーには酒井高徳(ハンブルガーSV)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)に加え、香川真司(ドルトムント)のブンデスリーガ勢4選手が名を連ねた。

先手を取ったのは日本。開始早々の5分に左サイドで原口がボールをカットすると、長谷部が前線の本田圭佑(ミラン/イタリア)にパス。本田がワンタッチで出したスルーパスに原口が反応し、GKとの1対1を制して冷静にゴール右隅へ流し込んだ。