日本はホームで敗れていたUAE相手に敵地で快勝。見事にリベンジを果たした
日本はホームで敗れていたUAE相手に敵地で快勝。見事にリベンジを果たした

日本が敵地でUAEに2ー0快勝

2018 FIFAワールドカップ ロシアのアジア最終予選が3月23日に行われ、日本代表がアウェーでアラブ首長国連邦(UAE)に2ー0で勝利した。 UAE 0ー2 日本

3勝1分け1敗でグループBの2位につける日本は、最終予選の初戦で敗れているUAEと敵地で対戦。先発メンバーには大迫勇也(ケルン)、香川真司(ドルトムント)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)のブンデスリーガ勢3選手が名を連ねた。

立ち上がりから試合を優位に進めた日本は開始7分、大迫が技ありのトラップで相手DFをかわしてファーストシュートを放つと、14分に待望の先制点を奪う。酒井宏樹(マルセイユ/フランス)の縦パスに反応して右サイドを抜け出した久保裕也(ヘント/ベルギー)が角度のないところから右足を一閃。ボールはGKのニアサイドを抜けてゴールネットを揺らした。

20分にはアリ・マブフートをフリーにして決定的なシュートを打たれるが、これはGK川島永嗣(メス/フランス)がビッグセーブ。これで落ち着きを取り戻した日本は、28分に右サイドから久保がシュート、前半終了間際にも原口が左サイドから中央に切れ込んで鋭いミドルシュートを放つなど、主導権を握ったままハーフタイムを迎える。