日本は強豪ベルギー相手に善戦したものの、最後まで1点が遠かった - © © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
日本は強豪ベルギー相手に善戦したものの、最後まで1点が遠かった - © © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

日本がベルギーに惜敗。欧州遠征は2連敗で終了

国際親善試合が11月14日にベルギーのブルージュで行われ、日本がベルギーに0ー1で敗れた。日本はブンデスリーガ勢の浅野拓磨(シュトゥットガルト)、大迫優也(ケルン)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)が先発、酒井高徳(ハンブルガーSV)も後半途中から出場した。 ベルギー 1ー0 日本

日本はキックオフ直後から積極的にプレスをかけ、開始2分に浅野がシュートまで持ち込む上々の立ち上がり。消極的な戦いで敗れた4日前のブラジル戦とは見違えるような動きを見せる。15分過ぎからはベルギーの攻撃シーンが徐々に増えていくが、日本守備陣も高い集中力を発揮。21分のデブライネの決定的なシュートもGK川島の好セーブでしのいだ。

日本は26分に酒井宏樹のクロスから大迫が頭で狙うと、31分には裏に抜け出した浅野がシュートまで持ち込む。さらに40分には井手口のFKから吉田がヘディングシュート。いずれも得点には結びつかなかったが、確かな手応えとともにハーフタイムを迎えた。

後半に入っても一進一退の攻防が続いたが、72分に試合が動く。日本守備陣の一瞬の隙をついてエリア内に侵入したシャドリが深い位置から中央へ折り返し。ファーサイドで待ち構えていたルカクが頭で押し込んでベルギーが先制する。

- © gettyimages / JOHN THYS
- © gettyimages / JOHN THYS