Summary

  • 日本が国際親善試合でパラグアイと対戦
  • 乾、香川のゴールなどで4ー2の逆転勝利
  • ブンデスリーガ勢は酒井、香川、武藤が先発

日本対パラグアイの国際親善試合が6月12日にオーストリアのインスブルックで行われ、日本が西野新体制下で初勝利を挙げた。

日本 4ー2 パラグアイ

西野体制下で2連敗中、いまだノーゴールの日本は、完敗を喫した前回のスイス戦から先発メンバー10人を入れ替え。ブンデスリーガ勢では左サイドバックに酒井高、トップ下に香川、右ワイドに武藤が起用された。

日本は前線の岡崎、香川が精力的にプレスをかけて序盤からリズムをつかみ、乾、香川を中心に攻撃の形を作っていく。しかし、先に決定的なチャンスを迎えたのはパラグアイ。24分、FKのこぼれ球に反応したO・ロメロが左足を振り抜いて日本ゴールを脅かすと、32分にはスローインからゴール前で混戦を作り出し、またしてもこぼれ球をO・ロメロがシュート。これがゴール右隅に吸い込まれてパラグアイが先制する。

日本も直後の33分、柴崎、香川とつないで乾がチャンスを迎えるが、フリーで放ったシュートはクロスバーのはるか上。40分のFKのチャンスも柴崎のキックはクロスバーをかすめてゴール上に外れた。

それでも後半に入ると日本が反撃に出る。立ち上がりの51分に香川のパスを受けた乾が鮮やかな右足シュートを決めて同点に追いつくと、63分には右サイドの武藤の折り返しを香川がフリック。後方から走り込んだ乾がこの日2点目を決めて一気に逆転に成功する。

© gettyimages / Christof STACHE / AFP

これで完全に流れを引き戻した日本は70分に途中出場の大迫、71分に香川が立て続けにチャンスを迎えると、77分には敵陣右サイドで得たFKから柴崎が相手のオウンゴールを誘って追加点。リードを2点に広げる。

終了間際の90分にオルティスに豪快なミドルシュートを叩き込まれて1点差に詰め寄られるが、その1分後には香川が巧みな足技で相手をかわし、最後はDFの股下を抜く鮮やかなゴールでダメ押し。ワールドカップ前最後のテストマッチでようやく新体制初勝利を飾った。

© gettyimages / Masahiro Ura

【得点】
日本:乾貴士(51分、63分)、オウンゴール(77分)、香川真司(90分+1)
パラグアイ:O・ロメロ(32分)、オルティス(90分)

【ラインナップ】
日本(4ー2ー3ー1)
東口順昭(46分 中村航輔);遠藤航(46分 酒井宏樹)、植田直通、昌子源、酒井高徳;柴崎岳、山口蛍;武藤嘉紀(64分 大迫勇也)、香川真司、乾貴士(79分 宇佐美貴史);岡崎慎司(74分 原口元気)

パラグアイ(4ー1ー4ー1)
ビジャール(12分 アギラル);ベニテス、ゴメス(56分 バルデス)、バルブエナ、アロンソ;オルティス;バレイロ(59分 Al・ロメロ)、サンチェス(79分 メンディエタ)、カルドソ(An・ロメロ)、O・ロメロ(65分 サナブリア);サンタンデール