Summary

  • W杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦、日本対ベルギー
  • 日本が2点を先行するも3失点を喫して逆転負け
  • 日本は初のベスト8進出ならず

FIFAワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1回戦が7月2日にロストフで行われ、日本がベルギーに2ー3で敗れた。

ベルギー 3ー2 日本

日本は開始1分と経たずに香川がファーストシュートを放つ上々の立ち上がり。鋭い出足の守備と連動した攻撃でペースをつかみ、10分過ぎまでベルギーと互角以上の戦いを見せる。対するベルギーもアザール、ルカクを中心に徐々に攻勢を強め、16分にビッツェルが初シュート。その後も立て続けにセットプレーを獲得して日本を押し込んでいく。

20分過ぎからは完全にベルギーのペースとなり、日本は我慢の展開を強いられる。それでも、21分のルカクのシュートは長友が決死のブロックで阻止。27分のアザールの強烈なシュートも川島がパンチングでしのいだ。押し込まれる時間が続いた日本も31分、エリア左でボールをキープした香川を起点にチャンスを創出。香川の外側を回ってボールを受けた長友のクロスから中央に走り込んだ乾がヘディングシュートを狙う。

ゲームが動いたのは後半立ち上がり48分、劣勢の前半を0ー0で乗り切った日本がビッグチャンスを作り出す。乾のインターセプトから柴崎が前方に針の穴に糸を通すようなロングスルーパス。このボールに反応して右サイドから走り込んだ原口がエリア内に侵入して右足を振り抜くとシュートはゴール左隅に突き刺さった。

© gettyimages / Carl Court

日本は先制直後の50分に左サイドを崩されてアザールに決定的なシュートを許すが、これはかろうじてポストに救われる。すると52分、エリア手前中央でボールを拾った香川が後方に落とすと乾が右足を一閃。無回転のシュートがクルトワを破り、ゴール右隅に吸い込まれた。

© gettyimages / Catherine Ivill

2点のリードを奪った日本は焦りの色が見えるベルギーを尻目にうまく試合を運んでいたが、65分のベルギーの2枚替えを機に流れは再び相手へ傾く。69分にはCKのクリアボールを左サイドのフェルトンゲンが頭で中央に戻すと、これが川島の頭上を越えてそのままゴールイン。ベルギーが1点差に詰め寄る。

浮き足立つ日本に対して攻勢を強めるベルギーは、73分にデブライネがきわどいシュート。そして74分、CKの流れから左サイドでボールを持ったアザールが対峙する大迫を振り切ってクロス。これを途中出場のフェライニが頭で豪快に叩き込んで試合を振り出しに戻した。

© gettyimages / JACK GUEZ

ベルギーは86分にもシャドリ、ルカクが立て続けに決定的なへディングシュートを放つが、これは川島が鋭い反応で連続セーブ。日本も90分、長友が鋭いクロスをゴール前に入れて相手DFを脅かす。さらにアディショナルタイムには35メートル級のFKを本田が直接狙うが、枠を捉えたシュートはクルトワが横っ飛びでセーブ。試合はこのまま延長戦に突入するかと思われた。

ところがラストプレーかと思われた日本のCKを、クルトワがキャッチして素早く前線に展開し、ベルギーのカウンターが発動。日本は対応が遅れ、最後は途中出場のシャドリに押し込まれて逆転を許した。直後にタイムアップの笛が鳴り、試合は2ー3で終了。日本はベスト16で大会を去ることになった。

© gettyimages / FILIPPO MONTEFORTE

【得点】
日本:原口元気(48分)、乾貴士(52分)
ベルギー:フェルトンゲン(69分)、フェライニ(74分)、シャドリ(90分+4)

【ラインナップ】
日本(4ー2ー3ー1)
川島永嗣;酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都;柴崎岳(81分 山口蛍)、長谷部誠;原口元気(81分 本田圭佑)、香川真司、乾貴士;大迫勇也

ベルギー(3ー4ー2ー1)
クルトワ;アルデルバイレルト、コンパニ、フェルトンゲン;ムニエ、デブライネ、ビッツェル、カラスコ(65分 シャドリ);メルテンス(65分 フェライニ)、H・アザール;ルカク