ブンデスリーガで3シーズン目を迎えるドルトムントのプリシッチ - © imago
ブンデスリーガで3シーズン目を迎えるドルトムントのプリシッチ - © imago
ブンデスリーガ

新シーズンが楽しみな5つの理由

ロシア・ワールドカップの試合に一喜一憂していた日々が終わり、多くのサッカーファンは2018/19シーズンの開幕を心待ちにしている。8月24日に開幕するブンデスリーガの見所は何か。新シーズンがより楽しみになる理由を5つ紹介する。

1)華々しい開幕戦の対戦カード

2018/19シーズンは第1節からドラマチックな盛り上がりが期待できそうだ。オープニングマッチに登場するのは王者バイエルン・ミュンヘンと昨季3位のホッフェンハイム。近年の躍進著しいホッフェンハイムは、常勝軍団を止めるべく勝ち点3を狙って積極的に戦うことだろう。

昨季2位のシャルケはアウェーでウォルフスブルクと、ルシアン・ファーブレ新監督を迎えたドルトムントはホームで難敵ライプツィヒと対戦する。また、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とレーバークーゼンによる“ラインダービー”も開幕節の見所の一つだ。

2)2年目のジンクス

2シーズン連続で成功を収めることは決して簡単ではない。それでも、2017/18シーズンに素晴らしい活躍を見せた選手やチームが、続けて輝きを放てない理由は何一つない。レアル・マドリードから期限付きでバイエルンに加入し、完全復活を遂げたハメス・ロドリゲスなどは今季のさらなる活躍が期待できる。

就任1年目でシャルケを2位躍進に導いたドメニコ・テデスコ監督は、指導者養成コースでクラスメートだったホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督のように2年目以降も好成績を残したいと願っているだろう。昨季ホッフェンハイムでブレイクを果たし、今季からシャルケでプレーするマーク・ウトも引き続き活躍が期待される選手の一人だ。

昨季途中にブレーメンの指揮官に就任してチームを立て直したフローリアン・コーフェルト監督や、そのブレーメンで7試合無失点を記録したGKイリ・パブレンカも今季のさらなる飛躍が期待される。

- © imago / Eibner
- © gettyimages / Alex Grimm
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago