公式戦12試合で8ゴール。バチュアイ(左)は加入当初のオバメヤン(右)の成績をしのぐ活躍を見せている - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
公式戦12試合で8ゴール。バチュアイ(左)は加入当初のオバメヤン(右)の成績をしのぐ活躍を見せている - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ミシー・バチュアイ:新たな“バットマン”誕生へ

映画『バットマン』シリーズのファンは、これまでバットマン役を演じてきたマイケル・キートン、クリスチャン・ベール、ベン・アフレックのうち誰がもっともふさわしいかの論争を繰り広げている。一方、ドルトムントでは1月に加入したばかりのミシー・バチュアイが、前任のピエールエメリック・オバメヤンよりも優れたバットマンであることをピッチ上で証明している。

バチュアイはブンデスリーガ第27節のハノーファー戦でも得点を挙げ、ブンデスリーガでの通算成績を7試合6ゴールとした。この数字はオバメヤンが同じ試合数に出場した時よりも1ゴール多い。また、公式戦全体で見ても12試合で8ゴール1アシストと120分ごとに得点に絡む素晴らしい数字を残している。

今年1月にドルトムント、チェルシー、アーセナルの3クラブ間で“玉突き移籍”が発生。ドルトムントのオバメヤンがアーセナルへ、アーセナルのオリビエ・ジルーがチェルシーへ移籍し、ドルトムントにはチェルシーからの期限付き移籍でバチュアイが加入した。

この玉突き移籍で最も得をしたチームはどこかという論争について、ドルトムントのペーター・シュテーガー監督は疑念を抱いていない。バチュアイが2ゴールを記録した2月の欧州リーグ(EL)ラウンド32のアタランタ戦後にこうコメントしている。

「ミシーは本物のゴールスコアラーだ。彼を獲得しようとしたのはいい判断だった。このチームにどのくらいフィットできるのか、ここに慣れることができるのかという問題はあった。でも、うまくいった。バチュアイはみんなに好かれているし、仲間になった。我々の目標と彼の個人的な目標がうまくリンクしたんだ。得点することも重要だが、チームのために働くことも大事だ。今日の先制点の時に彼がしたように相手のボールを奪い返すことも偉大なストライカーの条件だ」

- © gettyimages / Lars Baron
- © imago