ライプツィヒは後半から出場のルックマンが同点弾をマーク。敵地ブレーメン戦で勝ち点1を獲得した - © © imago / Picture Point LE
ライプツィヒは後半から出場のルックマンが同点弾をマーク。敵地ブレーメン戦で勝ち点1を獲得した - © © imago / Picture Point LE
ブンデスリーガ

敵地でブレーメンに1ー1、ライプツィヒが5位浮上

ブンデスリーガ第30節3日目が4月15日に行われ、ブレーメンは本拠地でライプツィヒと対戦し、1ー1で引き分けた。 ブレーメン 1ー1 ライプツィヒ

スコアが動いたのは28分、クルーゼのシュートがクロスバーに当たるも、跳ね返りをモイサンデルが押し込み、ブレーメンが先制する。しかし後半立ち上がりの50分、イルサンカーからのパスを受けたルックマンが、エゲシュタインとバークフレーデをかわし同点弾を決めた。

このまま1ー1で試合は終了となり、ブレーメンは変わらず12位のまま。ライプツィヒは5位に浮上している。

- © imago / Jan Huebner