Summary

  • 2018/19シーズン、ブンデスリーガ開幕節
  • ドルトムント新加入ビツェル、初シュートで初ゴール
  • バイエルンは7年連続で開幕白星スタート

2018/19シーズンのブンデスリーガが、ついに幕を開けた。新戦力の活躍もあり、香川真司のドルトムントライプツィヒに快勝。現在リーグ6連覇中のバイエルン・ミュンヘンも前人未到の7連覇に向けて白星スタートを切った。ドイツサッカーファンが待ち望んでいたブンデスリーガ開幕節を、数字で振り返っていく。

「1」

ドルトムントのアクセル・ビツェルは、ブンデスリーガで初めて放ったシュートが、初ゴールにつながった。

「2」

ヘルタ・ベルリンのルネ・ヤルステインはブンデスリーガで2度目のPK阻止。前回は2016年11月のドルトムント戦で、ピエールエメリック・オバメヤンのPKを防いだ。

「3」

レーバークーゼンの開幕黒星は3年連続。

「4」

対照的にヘルタは4年連続の開幕白星。これは同クラブ史上初の記録。

「5」

今節はPKが5本あった。そのうち2本は得点につながらなかった。

「5」

ウォルフスブルクは昨季から公式戦5連勝を記録。

「5」

バイエルンのトーマス・ミュラーが開幕節にゴールを決めたのは、今回が5度目。

© gettyimages / Lars Baron / Bongarts

「6」

開幕節にホームチームが勝利したのは、昨季と同じ6試合。また引き分け1試合、アウェーチーム勝利が2試合というのも、2017/18シーズンと同じだった。

「7」

アイントラハト・フランクフルトのアウェー連敗は7でストップ。敵地で勝ち点を獲得したのは今年1月以来。

「7」

バイエルンの開幕節勝利は7年連続。ブンデスリーガ史上初の記録となった。

「8」

2011年のブンデスリーガ昇格以降、アウクスブルクが開幕節に勝利したのは初めて。

「10」

ハノーファー戦に出場したブレーメンのクラウディオ・ピサロは、ブンデスリーガ歴代最年長出場記録で10位にランクイン。

「13」

フローリアン・コーフェルト監督の就任以降、ブレーメンは本拠地13試合連続で負けを喫していない。これは23年ぶりの快挙。

「15」

ブレーメンは本拠地でのハノーファー戦15試合連続無敗。

© gettyimages / Rose / Bongarts

「18」

ライプツィヒは昇格後初めて、ブンデスリーガ順位表で18位になった。

「23」

今節9試合で計23ゴールが誕生。昨季開幕節よりも8得点多かった。

「29」

シャルケは昨季から続いてリーグ戦29試合連続で得点を記録。ブンデスリーガ史上最長の記録。

「31」

ライプツィヒのジャンケビン・オギュスタンはドルトムント戦開始31秒でゴールを決めた。

「53」

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)のヨナス・ホーフマンは53試合ぶりに得点をマーク。

「100」

ドルトムントのマーコ・ロイスはリーグ通算100ゴール目を記録。

「111」

ヘルタのベダド・イビシェビッチはリーグ通算111ゴール目。これにより元ドイツ代表ケビン・クラーニィと並んだ。

© imago