Summary

  • 2017/18シーズンに生まれた記録を総ざらい
  • バイエルンのハインケス監督が前人未到の記録を次々と樹立
  • ケルンのピサロがレジェンドの称号にふさわしい偉業を達成

2017/18シーズンのブンデスリーガはバイエルン・ミュンヘンが史上初の6連覇を達成。チームを率いたユップ・ハインケス監督はいくつもの金字塔を打ち立てて勇退した。残留争いでは伝統と人気を誇る2クラブが降格……。今シーズン生まれた数々の記録や象徴的な数字を振り返る。

「1」
ブンデスリーガ創設から唯一2部落ちがなかったハンブルガーSVが55年目にして初めて降格した

「3」
バイエルンのニクラス・ズューレが史上2人目となるシーズン3度のオウンゴールを記録

「3」
フライブルクが第15節のケルン戦でクラブ史上初となる3点ビハインドからの勝ち点獲得に成功(4ー3で逆転勝利)。ケルンにとっては3点リードから初めて喫した敗戦だった

「4」
ハノーファーのニクラス・フュルクルークとアイントラハト・フランクフルトのルカ・ヨビッチが途中出場から今季最多の4ゴールを記録した

「4」
ハインケス監督は今季途中にバイエルンの指揮官に就任。ブンデスリーガで同一チームの監督を4度務めるのは初めてのこと

「6」
バイエルンはハンブルク戦とドルトムント戦で、ホッフェンハイムはケルン戦で今季の最多得点差試合となる6ー0の大勝を収めた

「6」
バイエルンが6連覇を成し遂げ、ブンデスリーガの最長連覇記録を更新

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

「7」
ヘルタ・ベルリンのジョーダン・トルナリガが第17節に今季最速の開始7分で一発退場となった

「8」
第13節のドルトムント対シャルケ(4ー4)、第17節のハノーファー対レーバークーゼン(4ー4)、最終節のヘルタ対ライプツィヒ(2ー6)の計3試合で今季の1試合最多得点となる8ゴールが飛び出した

「8」
バイエルンのフランク・リベリが現役選手最多となる8度目のブンデスリーガ優勝を達成。歴代でもバイエルンOBのメーメット・ショル、オリバー・カーン、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュバインシュタイガーと並んで最多の優勝回数

「8」
ハインケス監督は現役時代の4度と合わせて通算8度目のブンデスリーガ優勝

「10」
今季のブンデスリーガ全34試合にフル出場したのは10選手。フィールドプレーヤーではナルド(シャルケ)、マティアス・ギンター(ボルシアMG)、ベンジャミン・パバール(シュトゥットガルト)、クリスティアン・ギュンター(フライブルク)の4人、GKではクーン・カステーレス(ウォルフスブルク)、ティモ・ホーン(ケルン)、イリ・パブレンカ(ブレーメン)、ロンロベルト・ツィーラー(ハノーファー)、ルーカス・フラデツキー(フランクフルト)、オリバー・バウマン(ホッフェンハイム)の6人

「10」
今季のハットトリックは計10回。ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)とアルフレズ・フィンボガソン(アウクスブルク)が2回ずつ、ニールス・ペーターセン(フライブルク)、ピエールエメリック・オバメヤン(元ドルトムント)、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)、ケビン・フォラント(レーバークーゼン)、マックス・クルーゼ(ブレーメン)が1回ずつ達成した

「12」
ブレーメンはフローリアン・コーフェルト監督就任後のホームゲーム全12試合で勝ち点を獲得。初陣からホーム12戦無敗は同クラブの指揮官では歴代最長記録

© gettyimages / Stuart Franklin

「13」
アウクスブルクのミヒャエル・グレゴリッチが自身最多のシーズン13ゴールをマーク

「14」
バイエルンのトーマス・ミュラーが14アシストを記録してキャリア初のアシスト王に輝いた

「15」
バイエルンが第19節のブレーメン戦でブンデスリーガ史上最長となる同一カード15連勝を達成

「16」
ケルンのヤン・ビセクがクラブ最年少記録となる16歳でブンデスリーガデビューを飾った

「17」
バイエルンのレバンドフスキが第23節のウォルフスブルク戦で17本連続となるPKを成功させ、イェルク・ブットが持つブンデスリーガ記録に並んだ

「17」
ハンブルクのヤンフィーテ・アープが第10節ヘルタ戦で今季の最年少得点となる17歳でブンデスリーガ初ゴールを記録した

「20」
ケルンのクラウディオ・ピサロがブンデスリーガで20年連続ゴールを記録

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

「20」
ヘルタのベダド・イビシェビッチが第11節のウォルフスブルク戦で今季最速となる開始20秒で得点を記録

「28」
バイエルンがドイツ王者に輝くのは通算28回目(ブンデスリーガ創設前の1回を含む)

「29」
レバンドフスキが29得点を挙げて2年ぶり3度目のブンデスリーガ得点王に輝いた

「34」
アウクスブルクのフィンボガソンが第2節のボルシアMG戦でブンデスリーガのクラブ最速記録となる開始34秒でゴールを挙げた

「36」
第17節と第34節の各9試合で今季最多の36ゴールが生まれた

「39」
ケルンのピサロが今季最年長となる39歳での出場と得点を記録

「40」
第7節のケルン対ライプツィヒ、第8節のシュトゥットガルト対ケルンで今季の1試合最多となる40本のシュートが記録された

「43」
今季の退場者はのべ43人(警告2枚23人、一発退場20人)で昨季より14人少なかった

「50」
レーバークーゼンのカイ・ハフェルツが史上最年少の18歳307日でブンデスリーガ通算50試合出場に到達

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

「73」
ハインケス監督がブンデスリーガ史上最高齢の73歳で優勝監督となった。“オーバー70”でのリーグ制覇は史上初めて

「93」
今季のPKは計93本で、そのうち25本が失敗に終わった(9本は枠外、16本はGKがセーブ)

「101」
途中出場選手による“ジョーカーゴール”は計101点。昨季は124点だった

「106」
バイエルンのレバンドフスキがブンデスリーガの通算得点数を同クラブの外国籍選手歴代最多となる106ゴールまで積み上げた

「200」
ハンブルクがブンデスリーガ史上初となるホーム通算200敗目を喫した

「203」
ハンブルクのデニス・ディーマイヤーはブンデスリーガ通算203試合無得点。今季第2節にマークス・シュラーが持っていたブンデスリーガ記録(182試合)を塗り替えると最終節まで更新し続けた

「337」
シャルケのナルドが第20節のシュトゥットガルト戦でブンデスリーガ通算337試合出場を達成。ゼ・ロベルトを抜いてブラジル国籍選手の歴代最多記録を更新した

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber

「500」
ハンブルクとシュトゥットガルトがブンデスリーガでホーム通算500勝を達成

「500」
ハインケス監督が第12節のドルトムント戦で現役時代と合わせてブンデスリーガ通算500勝を達成

「855」
今季のリーグ総得点は855点。昨季の877点には22点及ばなかった

「1000」
ホッフェンハイムのケビン・アポグマが第13節のハンブルク戦でブンデスリーガ通算1000点目のオウンゴールを記録

「1038」
現役時代を含むハインケス監督のブンデスリーガ通算試合数が歴代最多の1038試合に到達

© gettyimages / Christof Stache

「62,239」
今季カウントされたリーグ全体の対人勝負は6万2239回。クラブ別最多はハンブルクの7540回、最少はバイエルンの6187回だった。なお、バイエルンは回数こそ最少だが、その勝率はリーグトップの54%だった