記念すべきブンデスリーガ通算5万ゴール目が誕生した第21節を数字で振り返る - © imago
記念すべきブンデスリーガ通算5万ゴール目が誕生した第21節を数字で振り返る - © imago
ブンデスリーガ

数字で見る第21節

カリム・ベララビの“メモリアルゴール”を始め、各会場で節目のゴールが飛び出した第21節。クラブ記録の樹立、自己ベストの更新、昇格チーム初の快挙……今節の激戦を数字で振り返る。

「2」

インゴルシュタットアイントラハト・フランクフルトに敵地で2-0の快勝。2点差での勝利は同クラブにおけるアウェー戦最大得点差勝利だった

ブレーメンマインツに2-0で勝利。今季初めて2点差以上の勝利を手にした

シャルケのアレサンドロ・シェプフがケルン戦で今季チーム最速の開始2分でゴールを記録。ブンデスリーガ全体でも今季3番目のスピードゴールだった

「3」

インゴルシュタットはマイク・バルプルギス監督の就任以降、アウェー6試合で3勝目。クラブがブンデスリーガに参戦して以降のアウェー戦22試合で手にした勝利数に並んだ

ライプツィヒのエミル・フォースベルクがメンヘングラートバッハ戦で今季3度目となるミドルシュートでのゴールを記録。ミドルシュートで3得点は今季リーグ最多

「5」

ドルトムントのルカシュ・ピシュチェクがウォルフスブルク戦で自己ベストとなるシーズン5ゴール目をマーク。5ゴールはブンデスリーガでプレーするDF選手の中で今季最多

- © imago
- © gettyimages / Grimm / Bongarts