新たな記録が生まれた第19節を「数字」で振り返る - © © gettyimages / Matthias Hangst
新たな記録が生まれた第19節を「数字」で振り返る - © © gettyimages / Matthias Hangst
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第19節

香川真司がブンデスリーガ通算2万点目のアウェーゴールを記録。バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキも新たな金字塔を打ち立てた。第19節を「数字」で振り返る。

「1」

シャルケの冬の新戦力マルコ・プヤカがブンデスリーガ初シュートで初ゴールを記録。なお、シャルケは前半唯一のシュートが得点につながった

「2」

シュトゥットガルトのホルガー・バートシュトゥーバーが前半戦に続いてマインツ戦でゴールを記録。自身初のシーズン複数ゴールとなった

「3」

ケルンが2011年5月以来となるリーグ3連勝を達成

- © imago / DeFodi
- © imago
- © imago
- © gettyimages / Matthias Hangst
- © imago / Thomas Bielefeld